Judotherapy Department
十三キャンパス

柔道整復学科
午前部 / 午後部

ブログ

2021.03.26
1年2年合同演習プレゼンテーション、1年重友 2年田端編 ー神戸市 やなぎ整形外科クリニックー

こんにちは、学科長田中です。

 

 

これまでに引き続き、臨床実習の代替履修として 実施している、臨床演習プレゼンテーションの様子を紹介します。

今回は、神戸市にある やなぎ整形外科クリニック。
ここで勤務している、理学療法士+柔道整復師ダブルライセンス1名、柔道整復師4名(全員が運動器リハビリテーションセラピスト、いわゆるみなしPT資格取得)はすべて履正社柔道整復学科卒業生。

貴重なクリニックだ。

 

 

今回発表するのは、白いマスクの1年の重友柚希(今回のテーマは、骨折の修復過程)と黒いマスクの2年の田端鞠乃(肩腱板損傷)。

先日、フィールドスタディーの様子をブログアップしている。

 

 

 

 

特筆すべきは、後輩としての発表者の前に座っている5名の先生方。

向かって左の男性がダブルライセンスを持つ橋本君。

その隣から、14期田中さん、13期大川さん、 14期六角さん、15期松原さん。

すべて先輩。

 

 


その隣に、やなぎ院長と看護師の奥様にも聞いていただいた。

そうそうたる恵まれた風景は筆者もはじめてで、発表者は超緊張下での発表だったかと思う。

 

 


やなぎ院長からは、それぞれのコメントと、最後には優秀との評価を受け、先輩方から活発な質疑もでましたが、2名とも無事終了できました。

田端さん、重友さん、本当にごくろうさんでした。
二人とも医師の指示の下、今後みなしPTとして従事する事も参考としたいと感想がありました。

西洋医療としてのEBMの意識、多職種連携や協業も経験できる臨床実務研修として、筆者もこれからの時代と社会には必要と思います。
やなぎ先生困難な事情の中、フィールドスタディーや発表の機会をいただき、ありがとうございました。
来月から新卒生が臨床実務研修で入職します。

あわせて今後ともご指導をよろしくお願いします。

合わせて読みたい
2021年3月
« 2月   4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
月間アーカイブ
タグ
  • NOW AND HERE 履正社卒業生の今。
  • 柔道整復学科のFacebookもチェック
  • 柔道整復学科専用Twitter