ACUPUNCTURE and MOXIBUSTION DEPARTMENT
十三キャンパス

鍼灸学科

即効性が強みの、
世界が認める医療技術。

鍼灸とは、鍼(はり)や灸(きゅう)でツボに刺激を与え、ケガや病気を治療する施術法。
鍼は直接筋肉にアプローチし、痛みを和らげ、疲労回復が期待できます。副作用も少なく、医療・スポーツ・美容等に応用できる施術として知られています。
効果は灸とともに世界保健機構(WHO)で認められており、Jリーグのクラブに所属しているトレーナーの約7割が鍼灸の資格を保有していることからも、信頼性は明らかです。
最近は海外プロサッカーリーグでも日本の鍼灸師を雇用する事例が増えており、オリンピック競技をはじめ、ほとんどの競技が鍼灸を取り入れているのが現状です。
本校では日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナーの資格も同時に取得できる上、臨床実習などで日常的にアスリートに鍼を打てるめずしい環境があるため、在学中に「スポーツ選手」への施術を通じて、鍼灸の経験値をどんどん積み上げられることが強み。希望者は海外研修にも参加可能です。
また、美容に特化した選択制の「トータル美容専攻」では、顔面部への美容目的の鍼灸のほか、栄養学や皮膚解剖学、瞑想ヨガなどを学び、心身両面から総合的にアプローチできる美容鍼灸師をめざすことができます。
鍼灸師の国家免許は一生もの。女性にとっては、自宅の一室で美容鍼灸院を開業することで、結婚後も主婦業と両立できるなど、ワークライフバランスを実現できるというメリットもあります。

Key Points学びの特徴

01現役アスリートにはりが打てる。

本校の大きな特色の一つとして、実際にアスリートの身体に触れながら学ぶことができるという点が挙げられます。競技系コースとの連携のもと、グラウンドやトレーナールームで、ケガの治療や予防、早期疲労回復の実践を行いながら、「スポーツに特化した鍼灸」を在学中に追求することができます。将来トレーナーを目指す方にとっては、非常に有利な環境が整っています。

02「ダブル・ラーニング」の費用対効果に注目。

医療系国家免許と日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナーの資格を両方取得する「医療+AT」、競技を続けながら医療国家免許を取得する「メディカルアスリート専攻」、医療と英語を同時に学ぶ「国際医療専攻」なら、別々に履修するよりも2年短縮で両方のカリキュラムを修了することができ、学納金の大幅な減免も受けられます。将来設計に合わせて、自由に選択が可能です。
ダブル・ラーニング制度

03“美容鍼灸”を学び、自宅でサロン経営も。

2019年より、美容に特化した選択制カリキュラム「トータル美容専攻」が開講。顔面部の美容を目的とした鍼灸をはじめ、栄養学や皮膚解剖学など基礎から応用までしっかり学びます。さらにリフレクソロジーやフェイシャルマッサージなどの技術を習得することで美容に関して様々なアプローチができる鍼灸師を目指します。2年次の秋には、株式会社ティップネスとのコラボによる瞑想ヨガと美容鍼灸を組み合わせた特別授業も開講予定です。
※「トータル美容専攻」は、午後部のカリキュラムとなります。
また、別途授業料がかかります(1年次3万円、2年次2万円、3年次2万円)。

04文部科学大臣認定の職業実践専門課程です。

企業や病院、施設などと連携し、実習・演習の機会を多く用意している質の高い教育機関を対象に、文部科学省は平成26 年から「職業実践専門課程」の認定を行っています。認可を受けるのは、厳しい教育水準を満たす限られた学校のみ。業界と密接した実習を通して、職業現場に近い学びを得られることが、卒業生のすぐれた就職実績にもつながっています。

  • NOW AND HERE 履正社卒業生の今。
  • 鍼灸学科のFacebookもチェック