DOUBLE LEARNING
ダブル・ラーニング制度

医療+アスレティックトレーナー

医療+アスレティックトレーナー

カリキュラムの仕組み

医療

  • 鍼灸学科(3年制)
  • 柔道整復学科(3年制)
  • 理学療法学科(4年制)

トレーナー

  • アスレティックトレーナー

医療系学科(柔道整復学科、鍼灸学科、理学療法学科)のいずれかに入学し、国家資格取得のための勉強と並行して、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー資格の取得もめざします。
医療系学科在籍中にアスレティックトレーナー資格の勉強ができるので、3年~4年でのダブル資格取得が可能です。

Key Points学びの特徴

1「2年早く」卒業できる。

医療系学科(3~4年制)とアスレティックトレーナーコース(2年制)を別々に卒業した場合と比べ、2年早く、両方の資格を取得することができます。時間短縮のヒミツは、効率的な時間割編成にあります。生理学や解剖学など、医療に関わる授業はアスレティックトレーナーの履修範囲と共通する部分があるため、同時に学ぶことで負担が軽減されます。限られた時間を効率よく使いたい方に、ピッタリのカリキュラムです。特に、理学療法士の国家免許と日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー資格の両方を取得できる学校は、関西には本校しかありません。

2もれなく適用される
「学費約190万円」減免。

「医療+アスレティックトレーナー」の履修者には、全員に大幅な減免を適用。アスレティックトレーナーコース2年分の授業料、施設設備費、入学金、実習活動費などをあわせたうち、合計約190万円を減免します。

3「医療+アスレティックトレーナー」
両資格を保有している教員が多数在籍。

本校には、医療国家免許と日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー資格の両方を保有する教員が多数在籍しています。両分野を熟知している指導者の知識とノウハウを直接学びながら、資格のダブル取得をめざせる貴重な環境が整っています。
※掲載している教員は一部です。

履修のイメージ

「鍼灸学科」or「柔道整復学科」の場合

1年目
2年目
3年目
鍼灸・柔整1年次
鍼灸・柔整2年次
鍼灸・柔整3年次
ATコース選択科目
ATコース選択科目
 

「理学療法学科」の場合

1年目
2年目
3年目
4年目
理学1年次
理学2年次
理学3年次
理学4年次
ATコース選択科目
ATコース選択科目
 
 

※ 医療学科の2年次までに、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナーの受験資格に必要な座学と実技実習を履修します。
※ 日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナーは、医療学科の卒業年次(3年もしくは4年次)に受験します。