Sports English Department
十三キャンパス

スポーツ外国語学科2020年4月新設予定
デイタイムコース(昼間部) / イブニングコース(夜間部)

履正社経由、世界行き。

2020年、履正社は日本初となる「スポーツ外国語学科」を新設します。

ターゲットは、国際化の進むスポーツ業界への就職。スポーツの知識・スキルと語学力の両方を兼ね備えた人材を育成します。

設置されるのは、ライフスタイルに合わせて選択可能な2つのコース。
デイタイムコース(昼間部)は3年制で、2年次に1年間の海外留学が必修となることが最大の特徴です。留学中は、大手語学学校ベルリッツが運営する世界最大の語学学校ELSに入学し、現地の大学のキャンパス内で、レベルに応じた語学学習カリキュラムを細かく組み合わせて学ぶことができます。

また、イブニングコース(夜間部)は2年制です。大学生のダブルスクールや、社会人入学も歓迎。近い将来、スポーツの現場で語学力を武器にしたいと考える方のための集中講座を用意しています。

いずれのコースも、履正社独自のダブル・ラーニング制度が利用可能。語学力と日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー資格の両方を手に入れたい方には「国際アスレティックトレーナー専攻」、スポーツの専門資格・スキルと語学力を兼ね備えたい方には「国際スポーツ専攻」、医療系の国家免許と語学力のダブル取得を目指す方には「国際医療専攻」がお薦め。別々に履修するよりも短い年数、学費で卒業することが可能です

Key Points学びの特徴

日本で唯一、スポーツ業界をターゲットにした語学教育。

01日本で唯一、スポーツ業界を
ターゲットにした語学教育。

デイタイムコース(昼間部3年制)、イブニングコース(夜間部2年制)ともにスポーツの現場で働くことを想定した授業で、日頃から「英語で話し、英語で考える」習慣をつけます。ペーパーテストだけではないアウトプットの訓練を通じて、実践的で「使える英語力」を身につけることができます。この日本初のカリキュラムを監修するのは、元ベルリッツ・ジャパン副社長のウーリッヒ・クルツ氏。30年以上、日本人の英語教育に携わってきた経験で、語学力の確かな向上を導きます。

デイタイムコースは全員1年間の海外留学。

02デイタイムコースは
全員1年間の海外留学。

デイタイムコース(昼間部3年制)の学生は、1年間の海外留学が必修。留学先はベルリッツが運営する世界最大の語学学校「ELS」です。留学生は、海外の各大学のキャンパスの中に併設された学校で、大学の学生証を携帯し、図書館やスポーツジムなどの施設も利用することができます。1年間の留学を通し、英語だけでなく、現地の文化もあわせて学ぶことが上達の鍵です。また、留学中に一定の語学力を習得したと認定された学生は、海外の大学への入学資格を得ることもできます。

イブニングコースは

03イブニングコースは
社会人、大学生も歓迎。

イブニングコース(夜間部2年制)の特徴は、働きながらや他校で学びながらの履修が可能な点。スポーツの現場で英語を活用したいという意欲的な人材を募集します。学校は大阪梅田から急行で1駅3分、十三駅から徒歩でスグ。英語は、1週間に1〜2回学校に通うだけでは、現場で使えるレベルには達しません。毎日、ネイティブの教師の指導を受ける環境に身を置くことが、語学力習得のための必須条件です。社会人や大学生の「リスタート」を応援する学費サポートも行っています。

「ダブル・ラーニング」の費用対効果に注目。

04「ダブル・ラーニング」の
費用対効果に注目。

語学力と日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー資格の両方を手に入れたい方は「国際アスレティックトレーナー専攻」、スポーツのスキルや指導者・審判員などの資格と語学力を兼ね備えたい方は「国際スポーツ専攻」、医療系の国家免許と語学力のダブル取得を目指す方は「国際医療専攻」がお薦め。別々に履修する場合よりも2〜4年短縮で両方のカリキュラムを修了することができ、学納金の大幅な減免も受けられます。将来の進路にぴったりの選択肢を見つけてください。
詳しくはこちらから