Sports English Department
十三キャンパス

スポーツ外国語学科2020年4月新設
デイタイムコース(昼間部) / イブニングコース(夜間部)

履正社経由、世界行き。

日本初の「スポーツ特化型 語学学校」

2020年4月、日本初のスポーツ特化型 語学学校が大阪に開校しました。

「世界で勝つ」ことを求められる日本スポーツ界の採用担当が今最も欲しがるのは、英語が話せる人材。履正社は、通訳を介さなくとも外国人と意思疎通がはかれる高度スポーツ人材を育成します。

学科長はラグビー日本代表通訳を務め、国際スポーツの最前線を知る佐藤秀典。大学の英語系・国際系学部での4年分の約6倍にあたる2760時間の英語学習量で、圧倒的なコミュニケーション能力を身につけることをターゲットにしています。

選択可能な2つのコース

設置されるのは、ライフスタイルに合わせて選択可能な2つのコース。

デイタイムコース(昼間部)は3年制で、2年次に長期(10ヵ月間)の海外留学が必修となることが最大の特徴です。1年次に基礎英語力を十分に身につけ、2年次の留学中は、世界最大の語学学校「ELS」に入学し、現地の大学のキャンパス内でレベルに応じたカリキュラムを細かく組み合わせて学ぶことができます。3年次は、留学を通して得た英語力をさらに磨き、定着させるとともに、就職活動も進めていきます。

また、イブニングコース(夜間部)は2年制です。授業開始は18時30分からで、働きながらや別の学校で学びながらの通学も可能です。本校の所在地は大阪・梅田から電車でひと駅の十三(じゅうそう)。駅から徒歩3分の距離にある都心型キャンパスです。

ダブル・ラーニング制度にも対応

いずれのコースも、履正社独自の「ダブル・ラーニング制度」が利用可能です。語学力と日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー資格の両方を手に入れたい方には「国際アスレティックトレーナー専攻」、スポーツの専門資格・スキルと語学力を兼ね備えたい方には「国際スポーツ専攻」、医療系の国家免許と語学力のダブル取得を目指す方には「国際医療専攻」がおすすめ。別々に履修するよりも短い年数、学費で卒業することが可能です。
詳しくはこちら

Key Points学びの特徴

大学の約6倍の英語学習量。

01大学の約6倍の英語学習量。

一般大学の英語系・国際系学部での4年間の総英語学習時間は400〜500時間と言われています。本学科デイタイムコース(昼間部3年制)の場合、合計2760時間にわたって英語を学習することになります。これは授業だけの時間であり、長期海外留学中の日常生活やアクティビティで学ぶ「生きた英会話」の時間がプラスオンされます。

また、社会人や大学生、本校ダブル・ラーニング履修生が主に学ぶイブニングコース(夜間部)の英語学習時間は、2年間で1530時間に設定されています。

この圧倒的な英語学習量とアウトプット中心の専門カリキュラムで、日本人の苦手な「聞く」「話す」「考える」英語力を最大限に伸ばします。

徹底少人数制で、一人一人に合ったサポートを。

02徹底少人数制で、
一人一人に合ったサポートを。

本学科の定員は、デイタイム、イブニング両コースともに30名。少人数制だからこそ、ネイティブ教員と日常的にとるコミュニケーションの質と、受け取るフィードバックの量が違います。一人一人の成長に合わせた学習サポート、一人一人の希望に応じてカスタマイズされた進路相談・留学カウンセリングを受けられることも強みです。

「スポーツの履正社」ならではの、専門資格。

03「スポーツの履正社」ならではの、
専門資格。

希望者は日本スポーツ協会公認のアスレティックトレーナー資格、医療系の国家免許(理学療法士、柔道整復師、鍼灸師)、スポーツ指導者資格等を取得し、個々人のニーズに合わせて将来の幅を広げられることも特徴です。

海外のチームや国内のプロチームでトレーナーとして働きたい、指導者として海外のコーチングを勉強したい、プレーヤーやレフェリーとして海外挑戦したい、海外挑戦するアスリートをサポートする仕事がしたい……など、国際化の進む日本スポーツ界のあらゆるニーズに本学科は対応します。

また、英語の授業のほか、スポーツ指導論やスポーツ経営学、トレーニング論、テーピングなど、スポーツに特化した座学の授業もあります。

海外の大学に直接入学できる。

04海外の大学に直接入学できる。

海外留学中に現地の語学学校「ELS」で一定の成績を納めれば、海外の大学やカレッジへの「条件付き入学許可書」が交付されます。スポーツマネジメントやスポーツ科学など、最先端の学問を現地の学校で直接学びたい、という志を持った方を歓迎します。履正社は、ELS経由で海外に進学することを奨励しています(本校の退学にあたり一定の納付金は発生します)。

  • スポーツ外国語学科Instagram
  • スポーツ外国語学科Twitter