DOUBLE LEARNING
ダブル・ラーニング制度

国際スポーツ専攻

国際スポーツ専攻

国際舞台に羽ばたくスポーツ人に
なりたい人へ

昨今、アスリートだけでなく、コーチ、レフェリー、記録員など裏方のスタッフも国際大会で活躍する機会が増えてきました。しかし自らのスキルを国際舞台で活かすためには、言語の壁を乗り越えなければいけない場面が多々あるため、スポーツ界では英語の語学力がますます重要視されてきています。

このカリキュラムは、特定の競技を専門的に学びながら、または一般の方を対象とするトレーニング資格やインストラクター資格の取得を目指しながら、英語の学習を進められるように構成されています。

スポーツの知識、技術、資格は世界に通用するパスポート。本校は、語学力を身につけることで国際舞台に羽ばたく日本のスポーツ人を育成します。

カリキュラムの仕組み

スポーツ

  • バスケットボールコース
  • サッカーコース
  • 野球コース
  • テニス・ソフトテニスコース
  • ライフ・フィットネストレーナーコース

英語

  • スポーツ外国語学科

スポーツ学科(競技系コースまたはライフ・フィットネストレーナーコース)に入学し、実技やスポーツ専門資格取得のための勉強と並行して、英語の語学力取得もめざします。
スポーツ学科在籍中に英語の勉強ができるので、2年間でダブルスキル取得が可能です。

Key Points学びの特徴

1「2年早く」卒業できる。

スポーツ学科(競技系コースまたはライフ・フィットネストレーナーコース、いずれも2年制)とスポーツ外国語学科(2年制+希望選択制の海外留学1年)を別々で卒業した場合と比べ、2~3年早く、卒業することができます。
スポーツ指導者資格やレフェリー資格、パーソナルトレーナーの資格などに加えて、英会話力という他にはない武器を手に入れることで、ライバルと差をつけ、将来のキャリアを大幅に広げることができます。
※アスレティックトレーナーコースとスポーツ外国語学科の併修を希望の方は、「国際アスレティックトレーナー専攻」(p.86参照)をご選択ください。

2もれなく適用される
大幅な減免。

スポーツ外国語学科の講義にかかる授業料は60分あたり1600円強。これは、一般の英会話教室のレッスン料の半額以下の値段です。
さらに「国際スポーツ専攻」の履修者には、全員に大幅な減免を適用。スポーツ外国語学科2年分の授業料、施設設備費、入学金、実習活動費等をあわせたうち、約224万円を減免します。
納付金シミュレーション

3キャリアアップへの
最大の武器。

 欧米を中心に日々アップデートされる最新の指導理論や戦術、スポーツ科学などは、多くの場合、数年遅れで日本で知られるようになります。それは、ほとんどの人が、翻訳されて初めてその情報に触れるからです。
一方で、英語を話し、理解できるプレーヤー、コーチ、レフェリー、記録員などのスポーツ人材は、海外のコーチやトレーナーが持っている最新の知識を直接、リアルタイムで学び、自身のスキルを日々アップデートしていくことができます。その日々の積み重ねが、ライバルとの大きな差につながることは自明です。
スポーツ人材にとっては、英語という武器を持っているか否かで、キャリアの到達点は大きく違ってくるでしょう。