納付金サポート制度

本校では、さまざまな入試を実施。入試ごとに適用される納付金サポート制度の充実を図り、進学をサポートしています。
※ 納付金サポート制度は、重複しての適用はございません。
※ 納付金とは、施設設備費・実習費を指します。
※ 初年度に複数学科の学費を納入する必要がある場合、その合計額に対して各種サポート制度を適用します。

履正社特別奨学金

スポーツ奨学生制度

選考結果に応じ、特待生の等級が決定。等級に応じた給付金を初年度納付金から免除、または減免します。

等級 給付金
S1 初年度納付金 74万円減免
S2 初年度納付金 37万円減免
A1 初年度納付金 30万円減免
A2 初年度納付金 20万円減免
B1 初年度納付金 10万円減免

国際奨学生制度

選考結果に応じ、奨学金の採用を決定。
下記給付金を初年度納付金から減免します。

給付金
初年度納付金 10万円減免

医療奨学生制度

選考結果に応じ、奨学金の採用を決定。
下記給付金を初年度納付金から減免します。

給付金
初年度納付金 10万円減免

※ 選考の結果、本奨学金不採用の場合、または採用決定を辞退した場合でも、以後実施する入試への出願は可能です。

AO入試/公募推薦入試/後期AO入試

スポーツ特待生制度

選考結果に応じ、特待生の等級が決定。等級に応じた金額を初年度納付金から免除、または減免します。

等級 減免額
S1 初年度納付金 74万円減免
S2 初年度納付金 37万円減免
A1 初年度納付金 30万円減免
A2 初年度納付金 20万円減免
B1 初年度納付金 10万円減免
B2 初年度納付金 5万円減免

国際特待生制度

選考結果に応じ、特待生の等級が決定。
等級に応じた金額を初年度納付金から減免します。

等級 減免額
B1 初年度納付金 10万円減免
B2 初年度納付金 5万円減免

医療特待生制度

選考結果に応じ、特待生の等級が決定。
等級に応じた金額を初年度納付金から減免します。

等級 減免額
B1 初年度納付金 10万円減免
B2 初年度納付金 5万円減免

※ 選考の結果、特待生として認定されなかった場合でも、一定基準(入学選考試験の合格ライン)に達していると判定された者は、入学選考の合格者として入学を許可します。再受験の必要はありません。

リスタート入試

大・短・専サポート制度/社会人サポート制度

リスタート入試の出願条件①②③のいずれかを満たす者は、下記金額を初年度納付金から減免します。

減免額
初年度納付金 10万円減免

有資格者入試

有資格者サポート制度

有資格者入試の出願条件を満たす者は、下記金額を初年度納付金から減免します。

減免額
初年度授業料 半額減免

内部推薦入試

内部進学サポート制度

内部推薦入試の出願条件①②いずれかを満たす者は、
入学金の免除および初年度授業料を半額減免します。

減免額
入学金免除 + 初年度授業料 半額減免

履正社ファミリーサポート制度

内部推薦入試の出願条件③④⑤いずれかを満たす者は、
下記金額を初年度納付金から減免します。

減免額
初年度納付金 10万円減免

奨学金

学費サポート①高等教育の修学支援新制度

本校は、「高等教育の修学支援新制度」(授業料等減免と給付型奨学金)の対象機関として認定されました。支援の対象者と支援額の目安は以下の通りです。

支援対象者 年収の目安
(両親・本人・中学生の家族4人世帯の場合)
支援額
住民税非課税世帯の学生 ~約270万円 満額
住民税非課税世帯に準ずる世帯の学生 ~約300万円 満額の2/3
その他 ~約380万円 満額の1/3
日本学生支援機構進学資金シミュレーター
詳しい内容に関しては 文部科学省のホームページをご参照ください。

学費サポート②学内奨学金制度

本校が独自に行う学内奨学金制度はすべて「給付型奨学金」で、卒業後に返還する必要の無い奨学金です。
入学前に奨学金の採用を決定する「履正社特別奨学金制度」、入学後に決定する「履正不畏スカラーシップ制度」があります。
※日本学生支援機構奨学金などの学外奨学金制度も併用することが可能です。

  履正社特別奨学金制度
(入学初年度)
履正不畏スカラーシップ制度
(入学2年目以降)
医療就学支援制度
対象 本校の入学を強く希望する者の中で、履正社特別奨学金制度へ申し込み、プレテストを受験した方 本校の学校理念を体現する奨学生として、学業・人物ともにふさわしい在校生 理学療法学科(夜間部)、柔道整復学科(午前部・午後部)に入学・在籍する学生で、在学中および免許取得後の一定期間、医療法人永田整形外科(兵庫県西宮市)に勤務する意志を持たれている方
※その他医療福祉機関の奨学生制度もあります。
給付額 初年度納付金最大74万円
※入学を希望する学科ごとにプレテストを実施し、その選考結果に応じて学内奨学金の採用および奨学金等級を決定します。決定した奨学金給付額を、初年度納付金から免除もしくは減免します。
※進級時に学科ごとに成績等を判定し、学内奨学金の採用を決定します。決定した奨学金給付額を、進級時の納付金から減免します。 月額5~8万円
※奨学金は医療法人永田整形外科から支給されます。
※奨学金とは別に給与も支給されます。
※免許取得後、一定期間の勤務を経て、返済は全額免除となります。

学費サポート③学外奨学金と教育ローン

日本学生支援機構奨学金制度 本制度は、「日本学生支援機構法」にもとづいて設立された日本学生支援機構が運営する奨学金制度です。
目的
勉学態度良好であり、経済的に学費を補う必要のある在学生に対し、奨学金を貸与する制度です。
資格
  1. 本校に在学する人。
  2. 勉学するにあたって、学資金の援助を必要とする人。
  3. 学生にふさわしい態度や行動をとり、将来、良識ある社会人となり得る人。
概要
  1. 奨学金には、無利子の第一種奨学金、有利子の第二種奨学金、給付型奨学金があります。
    いずれの奨学金も、貸与期間は採用時から在学する学科の修業年限の終期までです。
    ・第一種奨学金(無利子)
    自宅通学者は20,000円、30,000円、40,000円、53,000円から、自宅外通学者は20,000円~60,000円(10,000円単位)から月額を選択することができます。
    ・第二種奨学金(きぼう21プラン・有利子)
    20,000円~120,000円(10,000円単位)から月額を選択することができます。
    (※在学中は無利息、卒業後年3%を上限とする利息付)
    ・給付型奨学金
  2. 高等学校等の奨学金担当者にお問い合わせください。
  3. 奨学金を受けた最終月の7ヵ月後から20年以内の所定年数内に返済が必要です。
    貸与終了後も、引き続き在学する場合は、返済開始時期を卒業期まで延期することができます。
  4. 奨学生の採用は、高等学校における予約採用と、本校入学後に応募する在学採用があります。
    (注)高校生の方は在学中に「予約奨学金制度」を申し込むようにしてください。
応募方法
  1. 入学後、告知説明会を行います。
  2. 提出された申請書類をもとに、申込み者の資格を検討し、日本学生支援機構に奨学生適格者として推薦します。
  3. 全申込者のうち家計収入、高等学校卒業時の成績など適格度の高い人から採用を決定します。
病気災害遺児育英制度 あしなが育英会:Tel 03–3221–0888
交通遺児育英奨学金制度 (財)交通遺児育英会・奨学課:Tel 0120–521–286
地方自治体の奨学金制度 詳細は、直接都道府県、市区町村の役所にお問い合わせください。

学費融資制度(教育ローン)

(株)日本政策金融公庫「国の教育ローン」

問い合わせ先:
国の教育ローンコールセンター 0570-008656

(株)オリエントコーポレーション「学費サポートプラン」

問い合わせ先:
学費サポートデスク 0120–517–325

お申込みはこちらから