ブログ

2023.08.01
理学療法士の需要と職業環境

皆さんこんにちは!教員の川瀬です。

本日は理学療法士の「理学療法士の需要と職業環境」というテーマでブログを書きたいと思います。

まず、理学療法士とはケガや病気で体の元気が不足した人たちをサポートして、笑顔と元気を取り戻すお仕事です。

次に、理学療法士は将来必要とされるのか?という疑問についてお答えします。日本では、お年寄りが増えてきているので、リハビリが必要な人もどんどん増えています。だからこそ、理学療法士の必要性がどんどん増えています。

では、そのような理学療法士はどのような場所で仕事をするのでしょうか?実は、様々な場所で活躍しています。病院やクリニックはもちろん、スポーツチームや介護施設でも必要とされています。

でも、理学療法士になるにはどうすればいいのでしょうか?そのために大学や専門学校があります。勉強して国家資格を取得すると、晴れて理学療法士になることができます。

未来の理学療法士のみなさん、理学療法の世界はとても面白く、元気と笑顔を届けるステキなお仕事です。是非自分の考えと照らし合わせながら将来について考えてみてください。

合わせて読みたい
  • NOW AND HERE 履正社卒業生の今。
  • 理学療法学科のFacebookもチェック