Judotherapy Department
十三キャンパス

柔道整復学科

ブログ

2020.07.09
柔道整復師+アスレティックトレーナーとして真の姿を求め続ける、5年前(12期生)卒業生、杉本のネクストステージ。

こんにちは、学科長田中です。

 

写真にあるのは5年前の卒業生、杉本君。

彼は柔道整復師+アスレティックトレーナーだ。(以下、柔整AT)

 

 


3年の臨床実務先面談で、三重県四日市の富田浜病院を選んだ。

理由は柔整ATとして成長したく、まずは西洋医学医療の中で鑑別診断・処置・回復療法を身につけるためだ。

 

 

実は、昨年末に本人から『センセー、3月末で退職します。次なる先は、京都九条病院です』と。

 

 

富田浜病院は救急指定病院で、かなり多くの救急患者の対応にもあたった。

当然セラピストとして回復療法も行う。

しかし、京都の老舗、総合病院の京都九条病院とは、またなぜ。

 

 

先日、早速田中が訪問した際、スポーツリハビリテーション担当の東先生は教えてくれた。

『本院は200床ほどの中規模病院で、PTを始めとしたセラピストも70名ほどいます。今後はスポーツ医療や現場でのトレーナー活動、選手への指導、ケアを含め強化していきたいと考えています』と。

 

 

東先生からの杉本君の評価も上々で、本人は富田浜病院での培った経験が活かされているという。

杉本君、柔整ATとしての強みを発揮して、将来の差別化、価値につなげてほしい。

合わせて読みたい
2020年7月
« 6月   8月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
月間アーカイブ
タグ
  • NOW AND HERE 履正社卒業生の今。
  • 柔道整復学科のFacebookもチェック
  • 柔道整復学科専用Twitter