理事長・校長メッセージ

理事長・校長メッセージ

Message from the school principal

釜谷 等
学校法人履正社 理事長

釜谷 等

Kamaya Hitoshi
「あの人」になれる手助けをします。

学校法人履正社は、2022年に創立100周年を迎えます。大正、昭和、平成、そして令和と続く激動の100年間を、「履正不畏(りせいふい)」「勤労愛好(きんろうあいこう)」「報本反始(ほうほんはんし)」の三箇条からなる建学の精神を旗印に掲げて、教育活動を一筋に続けてきました。
人は、誰でも「健康」でありたいと願っています。本校は、医療とスポーツの分野で社会に貢献し、多くの方から「あの人」のおかげで心も身体も「健康」になったと喜んでもらえる、「あの人」になれる教育を実施しています。

あなたは今、学校選びで迷っていると思います。学校選びで成功するために見極めるべきポイントは次の4つです。
①自分が望む成長が出来る学校か――その学校は、「教育の方針やシステムが納得でき、自分を向かいたい方向へ導いてくれる学校」ですか?
②向上心が満たされる楽しい学校か――その学校は、「学びたいことを学べる授業、実習で実力が伸び、充実した日々を過ごせる学校」ですか?
③情熱にあふれる先生たちが導いてくれる学校か――その学校は、「教育に燃える先生たちが指導をしてくれて、心に火がつき、刺激を受ける学校」ですか?
④本物の資格が取れて将来の進路が拡がる学校か――その学校は、「社会に通用する確かな資格の取得ができ、未来に明るい希望がもてる学校」ですか?

オープンキャンパス、説明会、相談会などを活用してこの4つのポイントをしっかりとチェックしてください。決して慎重すぎるなどという事はありません。自分の目と耳で、充分に確かめてください。そして、あなたの最終的な決定が、履正社への出願であることを心から希っています。あなたが「あの人」になれるように、しっかりと手助けをする自信があります。

2023年4月、「101年目の入学式」でお会いできることを楽しみにしています。

池尾 忠思
履正社国際医療スポーツ専門学校・
履正社スポーツ専門学校 北大阪校 校長

池尾 忠思

Ikeo Tadashi
「人間力を養う教育を!」

本校は医療・スポーツ・外国語を通して、『人間力を養う教育』を実践しています。
人として様々な分野で社会貢献ができるよう、健全な肉体と精神を育むことは勿論のこと、コミュニケーション能力や発想力に優れた人材を育成することを目指しています。

日本は少子高齢化に歯止めがかからず、あらゆる場面でこれから社会を担っていく若者に大きな負担がのしかかっています。そんな時だからこそ、自由な発想で様々な社会環境の変化に対応することのできる人間力を養うことが重要なのではないでしょうか。

コミュニケーション能力を養えば他者との情報共有や意思疎通がスムーズに行えるようになります。また、逆に能力が低いと相手に不快感を与えるなど人間関係を築く上で非常に損をします。これには言語だけでなく表情や態度なども大きく関与しますので、相手の言うことを最後までしっかりと聴く力、すなわち、人として相手を尊重する姿勢を身に付けてほしいと考えています。

次に発想力ですが、人生を歩んでいく上で予期せずに訪れる災害や問題を解決するには、固定概念に捉われない新しいアイデアが必要です。本校で色々な夢を持っている人達と出会い、好奇心を持って失敗を恐れずに行動すること、すなわち、本校の校訓でもある『履正不畏』の精神が発想力を育てます。この精神を受け継いだ卒業生がスポーツや医療にとどまらず様々な分野で活躍をしてくれています。

本校には医療系3学科とスポーツ・外国語系7コース、合わせて10種類のコースがあり、さらにダブルラーニング制度で自分の目標に応じて組み合わせることも可能です。あなたも履正社学園でないと学べない「履正社マインド」に触れ、本当に自分のやりたいことを見つけてみませんか。学校でお会いできることを楽しみにしています。

※2022年4月より、「履正社医療スポーツ専門学校」から校名を変更いたします。