ブログ

2023.11.06
【資格試験】サービス接遇検定3級

11月4日(土)に「サービス接遇検定3級」の検定試験がありました。

 

 

サービス接遇検定とは・・・

「サービス」とは「相手に満足を提供する」ということです。相手が快適であると感じるような世話とか、相手が感じがいいと思うような言葉遣いで接するとかのことです。この、相手に満足を提供する行動を「接遇」といいます。

サービス業務に対する心構え、対人心理の理解、応対の技術、口のきき方、態度・振舞いなどが審査されます。この検定の受験勉強をしながら、サービスに対する考え方や行動の型などを学び、おもてなしの心とかたちを育てます。

 

 

 

▶サッカーコース1年生では「サービス接遇検定」を必須資格として全員に受験させています。

 

 

サッカーコースの授業の中に、「ビジネスマナー講座」があり、普段から、接客の仕方や立ち振る舞いなどを学ぶための授業を行っています。

誰しもが社会に出るため、日々ビジネスの勉強は欠かせません。

 

日本社会、サッカー界に貢献できる人財を目指して頑張りましょう!

 

 

 

 

サッカーコース教員 紙本 天平

かみもと・てんぺい/1997年生まれ、大阪府出身。

本校サッカーコース在籍中にサッカーコーチC級ライセンスを取得して卒業。2017年から石川県星稜高校とジュニアチームのコーチを経て、2018年から本校サッカーコースの教員として復帰。2022年にはB級ライセンスを取得し、6年目の現在は、箕面キャンパスで1年生チームとなる「履正社CLUB」を指導しています。

 


 

2024年4月の入学をご検討の皆さん‼
『後期AO入試』のエントリーがスタートしました!

合わせて読みたい
  • NOW AND HERE 履正社卒業生の今。