ブログ

2023.10.04
理学療法士のスキルと必要な資質

皆さんこんにちは!教員の川瀬です。

今回は、「理学療法士のスキルと必要な資質」というテーマについてお話しします。

理学療法士は、ケガや病気のリハビリテーションを専門とする医療の専門家です。理学療法士は患者さんが健康で快適な生活を取り戻すのをサポートします。そのためには以下のスキルと資質が必要です。

①科学的知識

理学療法士は身体の仕組みや運動に関する深い知識を持っています。これには生物学や解剖学、運動生理学が含まれます。高校の科学の授業で学んだ知識が役立ちます。

②コミュニケーション能力

患者さんとのコミュニケーションは非常に重要です。患者さんの痛みや進捗を理解し、励まし、指導する能力が求められます。高校でのコミュニケーションスキルを磨いておくと良いでしょう。

③忍耐力

リハビリテーションは時間がかかることがあります。患者さんが成長するのを待つ忍耐力が必要です。高校生活で困難に立ち向かう経験が役立つでしょう。

④チームプレイヤー

理学療法士は医師や看護師、他の専門家と連携して治療計画を立てます。チームで協力する能力が大切です。高校のクラブ活動やスポーツで協力の大切さを学びましょう。

⑤エンパシー

患者さんの立場に立ち、感情や状況を理解することが必要です。他人の気持ちを考えることが得意な高校生は、理学療法士に向いているかもしれません。

これらのスキルと資質は、高校生のうちから育てることができます。科学やコミュニケーションの授業、ボランティア活動、スポーツなどが役立つかと思われます。将来、理学療法士として活躍するために、今から準備を始めてみてください。理学療法士の仕事は人々の健康をサポートする素晴らしいキャリアです。

合わせて読みたい
  • NOW AND HERE 履正社卒業生の今。
  • 理学療法学科のFacebookもチェック