Soccer Course
茨木キャンパス

サッカーコース

ブログ

2019.06.13
履正社CLUB 第56回大阪スポーツ祭典 開幕!

6月9日(日)に大阪スポーツ祭典が開幕しました!

大阪スポーツ祭典は今年度で第56回を迎え、毎年、履正社CLUBが招待していただいて参加している大会のひとつでもあります。

前年度は惜しくもPK負けのベスト8で敗退したので、前回よりも上の成績で、そして優勝を目指します!

予選2試合の中、初戦の相手は北摂フリーダムでした。

 

晴天だったJ-GREEN堺では、履正社CLUBとして初めての公式戦ということもあり、選手たちは少し固さがあるようにも見えました。

 

▶キックオフ前の集合写真

 

 

▶副キャプテンの2年:椚座 翼④

 

 

▶手前:キャプテンの富永⑥と奥:副キャプテンの山下⑱

 

 

▶中盤を担った手前:清水㉞と奥:大林㉓

 

 

 

【スターティングメンバー】

システム:4-4-2

FW      富永 福留

MF  田所  清水 大林  西村

DF  山下  椚座 高谷  西尾

GK       景由

 

【サブ】

GK:青木

DF:伊佐

DF:干井

DF:小林

MF:岡田(in44分)←田所

FW:ブラウン(in52分)←福留

FW:大滝

 

【スコア】

前半 1-0(①前14分清水)

後半 2-1(❶後2分失点・②後16分福留・③後21分高谷)

結果 3-1

WIN!!

 

 

前日の練習試合で1点も取れなかったことと普段練習している履正社茨木グラウンドではない場所での試合という不安要素がある中で初の公式戦に臨みました。

 

試合開始早々、やはり緊張からいつものプレーが出来ていない選手が何人か見受けられ、特に攻撃のところでチーム全体的に上手くいっていないスタートでした。そこは想定内な部分がありましたが、攻撃のチャンス数的にも前半のうちに先制点を決めておきたい雰囲気があった中で、テンポの良い中央突破から㉞清水(1年:兵庫県立西宮今津高等学校出身)が抜け出し、相手キーパーとの1対1を冷静に決め、前半14分に先制することに成功しました。

後半に折り返し早々、2分に自分たちのミスから相手にボールが渡り、右サイドを崩され、マイナスクロスをダイレクトで決められてしまいました。

社会人チームは勢いに乗ると調子が上がるのでその前に追加点を奪わないといけない危機感が少しありました。

しかし、この日はカラッとした晴天のせいか、徐々に相手の足が止まり始め、相手キーパーのパントキックから④椚座(2年:大阪偕星学園高等学校出身)のクリアボールが相手の背後に入り、相手選手が誰も反応しない中、福留(1年:樟南第二高等学校出身)だけがボールに反応し、キーパーの頭上を越えるループシュートで追加点を奪うことに成功しました。

少し落ち着いてきた後半終盤でさらに追加点が欲しいところでフレッシュな攻撃的選手1年生を交代で2枚投入し、攻撃に厚みを増やしました。

交代で出場した1年生は決めることができませんでしたが、右深い位置の山下(2年:宇和島南中等教育学校出身)のフリーキックからこの試合、失点に絡んだ高谷(1年:大阪府立阿武野高等学校出身)がヘディングをゴールに叩き込み、ダメ押しの3点目を奪うことができ、残り時間を楽な試合運びにすることができ、試合が終了しました。

 

前日の練習試合の無得点から一転、流れの中と背後のスペースを利用した得点、さらにセットプレーから点を奪えたことはこれから戦っていく中で良い材料になったと思います!

 

今日の勝利でリーグ戦開幕に弾みをつけたいです!

 

 

大阪スポーツ祭典  第2戦目  13:30キックオフ

vs agilita  @久宝寺緑地グラウンド

 

次節も応援よろしくお願いします‼️

 

 

 

◆学生コメント

 

 

富永 和彦(2年:兵庫県立西宮今津高等学校出身)

大阪スポーツの祭典の初戦の相手は北摂フリーダムさんでした。
今年になってはじめての公式戦で緊張があったかもしれないけど、結果は3-1と勝ちきることができてよかったです。
しかし、パスミスや連携ミスなどのミスが少し目立っていたと思うので、この先の公式戦に向けてミスを修正し勝てるように頑張りたいです。

 

福留 正真(1年:樟南第二高等学校出身)

今日は北摂フリーダムとの試合がありました。
新チームなって初の試合で緊張したとこもあっていつもより上手くプレーが出来ませんでした。
前半1ー0で後半の立ち上がりすぐに失点し同点になったけど最後は勝ち切ることができてよかったです。
今月はまだ試合が残ってるので頑張っていきたいです!

合わせて読みたい
  • NOW AND HERE 履正社卒業生の今。