DOUBLE LEARNING
ダブル・ラーニング制度

医療+アスレティックトレーナー

VOICE選べる3つのプラン。
あなたはどの「スペシャリスト」になりますか?

理学療法士アスレティックトレーナー早期復帰のスペシャリスト
塩月 来望さん理学療法学科2年梅花高等学校 出身
プロ野球チームを支えたい。

理学療法士とアスレティックトレーナーの資格の両方を同時にめざせることができると知り、履正社に入学を決めました。双方の視点からスポーツ選手をみられることは強みになると思ったからです。将来の目標は、プロ野球チームのトレーナーとして活躍することです。今はそのために日々、勉強中です。

SPECIAL POINT

選手がスポーツ障害によって手術を受けた場合に、術後の早い段階から競技復帰までのリハビリテーションをおこないます。選手が安心してリハビリに取り組み、速やかに競技復帰できるよう、責任をもって指導します。

柔道整復師アスレティックトレーナー現場対応のスペシャリスト
小寺 淳樹くん柔道整復学科2年米子北高等学校 出身
オリンピック選手に帯同したい。

僕は小学校から高校まで野球をしてきました。ケガが多く、色々な先生やトレーナーの方にお世話になる中で、身体の構造や効率的な体の動かし方に興味を持ち、医療とアスレティックトレーナーの両分野を学びたいと思うようになりました。将来は、治療院を開業し、オリンピック選手に帯同したいです。

SPECIAL POINT

試合や練習中に選手が負傷(骨折・脱臼・捻挫など)した場合に、早期の段階でケガの処置を行うことが可能です。悪化を防ぐことがケガの早期回復につながり、後遺症のリスクを軽減させ、貴重な選手生命を守ります。

鍼灸師アスレティックトレーナーコンディショニングのスペシャリスト
木村 公美さん鍼灸学科1年関西学院大学 出身
痛みを緩和する術を身につけたい。

履正社へ進学したのはトレーナーの知識を更に深め、鍼灸師の資格を取得したかったからです。ケガをすれば、選手の精神的なダメージも大きいので、何か力になれたらと思いました。痛みを緩和できる術を身につけ、ケガした選手を支えたいと思います。夢は、スポーツチームのトレーナーになることです。

SPECIAL POINT

筋肉の緊張を緩め、疲労を取り除くことでケガを予防します。また、痛みのコントロールだけでなく、精神的ストレスを軽くする、内科疾患などによる症状を和らげるなど、幅広く選手をケアすることが可能。選手をベストコンディションに導きます。