Judotherapy Department
十三キャンパス

柔道整復学科
午前部 / 午後部

ブログ

2021.10.01
履正社柔整史上初の取り組み、完全オンライン実施の学術大会と気づき

 

こんにちは、学科長田中です。

 

 

 

写真にあるのは、9/18土に開催された、履正社柔整学生学術大会。

1期生から今回3年生の18期生まで、中止することなく継続している自慢の発表会だ。

 

 

抄録にあるように、発表者は、伊東君、内田君、惠上さん、山内さん、片岡君の5名は3年生だが、実行委員は3年生の奥村委員長を始め、2年生6名、1年生7名の29名。

下級生が委員として活動しているのは、次年度、次次年度に向けて継続していくための経験。

 

 

今回は特別講演として、実習施設である、三重県四日市市の富田浜病院で勤務経験があり、1年ほど前にスポーツクリニックを開業した、西原淳先生。

病院実習でお世話になった学生もいるはずだ。

 

このブログですべてをお伝えする事はできないが、

会場で池尾校長と談話していて気づいたことがある。

 

『池尾校長、オンラインで卒業生、それも柔整だけでなく、理学療法、鍼灸含めた医療課程の卒業生の希望者に配信し、閲覧できたらいいですね。実習施設の院長にもぜひ見てもらいたい。』というと、

 

池尾校長が(2023年に柔整を基盤に、履正社医療3学科学術大会を計画中なので)

 

『履正社医療の学術大会がこんな大きなスケールで開催していることに、関係者は驚くだろう。高校生にも、この発表会のイメージは学術の履正社、研究の履正社として、大いに発信できる』と。

 

5名の発表者のみなさん、準備が大変だったと思いますが、

素晴らしい発表会をありがとう。

 

2年生の諸君、また来年も楽しみにしています。

 

合わせて読みたい
2021年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
月間アーカイブ
タグ
  • NOW AND HERE 履正社卒業生の今。
  • 柔道整復学科のFacebookもチェック
  • 柔道整復学科専用Twitter