Judotherapy Department
十三キャンパス

柔道整復学科
午前部 / 午後部

ブログ

2021.09.28
実習も最高潮に、実習巡回指導(第9弾)淡路島のこぐり整骨院で実習を受けた4名の記録

 

こんにちは、学科長田中です。今期の実習もピークになりました。

 

今回は、淡路島の洲本市と淡路市のこぐり整骨院で実習を受けた4名の記録です。(過去ブログはこちら

 

 

現在、古栗社長(総院長)、5事業を展開されており、接骨院が3つ、リハ型デイサービスが1つ、それと自費型の整体院が1つです。

その中の接骨院3つと、リハ型デイには履正社柔整の卒業生が、分院長や機能訓練指導員として、臨床実務研修を行っています。

今回の実習生と合わせて紹介しましょう。

 

 

まず、リハトレセンターの前でのショットは、

1枚目が実習生の伊藤さんと3月卒業生の永井君。

 

2枚目が実習生の小鍛冶君と卒業生の中植さん。

中植さんは履正社柔整入学時から、機能訓練指導員として一貫した希望だった。

 

 

古栗接骨院、ものべ院前のショットは、実習生の山下君と卒業生の石川分院長。

 

 

淡路院でのショットは、実習生の西山君と、AT資格を持つ卒業生の杉本分院長。

 

もう1枚は今年3月卒業生の坪井君。

 

誠にたくさんの卒業生が勤務をしている接骨院だ。

 

2回目の巡回指導日は、杉本分院長が不在で坪井君にたずねたら、

『院長は今日は近くの高校の野球部でトレーナー活動です』と。

 

外傷の接骨医療も、高齢者の生活維持リハビリテーションも、

そしてトレーナー活動もできる、古栗接骨院での実習は意義あるものになったはずだ。

 

4名の実習生諸君。

10月中旬から始まる、実習体験記および症例報告発表を楽しみにしている。

 

合わせて読みたい
2021年9月
« 8月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
月間アーカイブ
タグ
  • NOW AND HERE 履正社卒業生の今。
  • 柔道整復学科のFacebookもチェック
  • 柔道整復学科専用Twitter