Judotherapy Department
十三キャンパス

柔道整復学科

ブログ

2018.10.29
マルチなトレーナーを目指せ。競技者のコンディショニングから高齢者リハビリまで。柔整トレーナーこそ時代が望んでいる姿だ。

こんにちは、学科長田中です。

 

 

トレーナーの仕事は幅が広く、アスリートからの信頼も厚い。
しかし、時には怪我に対する処置や治療ができなければ、いささか困ることもある。

 


 

そこで、マルチなトレーナーになるべく、その常道は
①医療技術の修得(鑑別、処置固定、回復)
②高齢者のリハビリ(自立支援、生活支援)
③メンタル技術の修得(向上心、回復への意欲)
を身につけなければならない。

 

 

柔整がスポーツトレーナーとして活躍する時間量は限定的で、それは得意技としてのスタンスだ。

高齢者を始め、オールマイティー&マルチな患者さんに対応できなれば、一定の収入の確保、生計を営むことは困難になる。

 

 

得意技を持ちつつ、どのような患者さんや高齢者の方々にもアプローチできるマルチな柔整師が今後求められることはまちがいない。

 

 

守備範囲を広く、可能性を無限に取り持つ柔整トレーナーになろう。

合わせて読みたい
2018年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
月間アーカイブ
タグ
  • NOW AND HERE 履正社卒業生の今。
  • 柔道整復学科のFacebookもチェック
  • 柔道整復学科専用Twitter