学園長・校長メッセージ

学園長・校長メッセージ
釜谷 行藏
学校法人履正社 理事長・学園長

釜谷 行藏

Kozo Kamaya
一人一人の「器」をかたちづくる。

人は学ぶことにより、その尊厳さを増すものであります。

2022年に創立100周年を迎える学校法人履正社は、履正不畏・勤労愛好・報本反始を建学の精神として、学校教育の実践に努めて参りました。

「履正不畏」(正を履んで畏れず)とは、自ら正しいと信じることを、何ものも畏れず勇気と責任をもって実践すること。

「勤労愛好」とは、勉学に全力を尽くし、人類の文化を継承発展させ、国家社会に貢献すること。

「報本反始」(本に報い始めに反る)とは、初心にかえり、今日の自分があるのは縁ある人々(ご両親や恩師)のお陰であるという感謝と報恩の念を持ち、行動の指針とすることです。

その履正社の歴史は、時代のニーズに応えた挑戦の歴史でもあります。

専門学校では、スポーツ教育・トレーナー教育のノウハウを鍼灸・柔道整復分野へと発展し、スポーツと医療の両分野で社会貢献ができる人材の育成を図ってきました。

近年では2005年に理学療法学科と野球コースを、2006年にはテニスコースを、2008年にはバスケットボールコースをスタートさせました。そして2017年の今年、緑豊かな箕面の地に、新たに「履正社スポーツ専門学校 北大阪校」を開校いたします。

私たちは、学ばんとする学生諸君の能力や適性を最大限に開発し、発見し、定着させていくことを教育の目標としています。そして、永年月日をかけて創り上げてきた教育システムの中で、一人一人の「器」をかたちづくっていくことを約束します。

釜谷 等
履正社医療スポーツ専門学校・履正社スポーツ専門学校北大阪校 校長

釜谷 等

Hitoshi Kamaya
「あの人」になれる教育をします。

人は誰でも健康でありたいと願っています。

当校は、人々が希求する健康に、医療とスポーツの分野で貢献できる人物を養成しています。たくさんの方から「あの人」のおかげで心も身体も健康になったと言われるような、「あの人」になってもらいたいと考えています。

あなたは今、学校選びで迷っていると思います。どの学校にするかの判断は非常に大切なのに、学校の中の様子はいざ通ってみなければわからず、ブラックボックスのようだと思いませんか? いい方法を教えましょう。それは現在その学校に通っている学生たちを観察し、出来れば直接話しを聞くことです。先輩たちは学校をよく知っているのですから、その情報は確かなはずです。

学校選びのポイントとして、①自分が望む成長が出来る学校か。②向上心が満たされる楽しい学校か。③情熱にあふれた先生たちが自分を導いてくれる学校か。④価値のある資格が取れて将来の進路が拡がる学校か、などなどをチェックしてみてください。

出来るだけ当校に直接来てもらって、在校生をつかまえて話してみることをお勧めします。オープンキャンパスや体験授業の時でも、普段の何もない時でも構いません。

学校選びで失敗するのは非常に不幸なことです。あなたの人生にとって本当に大切な決定なのですから、慎重すぎるなどということはありません。そして、あなたの最終的な決定が当校への入学であることを切に願っています。あなたが「あの人」になれるよう、しっかりと教育をします。

入学式でお会いすることを楽しみにしています。