メディカルアスリート専攻

大好きな競技を続けたい!医療人をめざしたい!
競技を学びながら、医療系国家資格の取得を目指す!

“ 体育会系医療人” になりたい人へ。

「大好きな競技を高いレベルで続けたい」、「将来は医療面から選手をサポートしたい」。自身が本気で競技をやりきるからこそ、ケガに苦しむ選手を支えたいという気持ちも強くなり、モチベーションも上がります。本校では競技系コースを卒業した後、医療系学科に再び入学するケースも少なくありませんでした。
そこで、効率よく両方を学べるカリキュラムとして誕生したのが、「メディカルアスリート専攻」です。
このカリキュラムでは、特定の競技をしっかり学びつつ、卒業時には医療系国家資格が取得できるように構成されています。競技者の心身を理解し、サポートできる医療人として、卒業後の活躍を期待しています。

しくみ

  • 競技スポーツと医療を希望に合わせ選択し、4年間で併修することが可能です。
  • 競技スポーツは、スポーツ学科のうち競技4コースから選択。
  • 医療系学科は、鍼灸学科・柔道整復学科の2学科から選択。

競技スポーツ

  • バスケットボールコース
  • サッカーコース
  • 野球コース
  • テニス・ソフトテニスコース
  • ※すべて2年制
+

医療

  • 鍼灸学科(3年制)
  • 柔道整復学科(3年制)

学びのポイント

01期間を短縮して学べる

スポーツ学科+鍼灸学科または柔道整復学科の場合
スポーツ学科2年間と医療系学科3年間、合計5年間の学びを、4年間で修了できる効率的なシステムです。スポーツに関わる生活を送りながら、同時に医療系国家資格の取得をめざします。

学費のサポート

02学費のサポート

メディカルアスリート専攻を選んだ場合、スポーツ学科を卒業してから医療系学科に再入学した場合と比べて、大きな経済的メリットがあります。医療系学科と競技系コースの学納金総額から、104万円が減免されます
納付金シミュレーション

03入学後、希望する医療資格を再選択できる

入学後に視野が広がり、入学前に希望していたものとは異なる医療資格の取得を考える可能性もあります。それぞれにマッチした進路を適切に選べるよう、1年目には各医療系学科の教員が理解を深めるための授業を行います。医療の基礎知識はもちろん、各国家資格の特徴や違いを知った上で進路を再度、選択し直すことができます。

履修のイメージ

  • 1年目は競技スポーツの授業のみ、2年目から医療の授業を開始

「鍼灸学科(午後部)」を選択した場合

1年目
2年目
3年目
4年目
競技スポーツ1年次
競技スポーツ2年次
競技スポーツ希望者のみ選択
 
 
鍼灸学科1年次
鍼灸学科2年次
鍼灸学科3年次

「柔道整復学科(午後部)」を選択した場合

1年目
2年目
3年目
4年目
競技スポーツ1年次
競技スポーツ2年次
競技スポーツ希望者のみ選択
 
 
柔道整復学科1年次
柔道整復学科2年次
柔道整復学科3年次

メディカルアスリート専攻