今月のツボ通信
「今月のツボ」 トップへ                 履正社医療スポーツ専門学校・鍼灸学科
   
13 天枢(てんすう)
ゴールデンウィークが終わり飲み過ぎや食べ過ぎで胃腸がよわっている人、また休み明けで体のだるい人も多いと思います。
今月は天枢についてご紹介します。

「天」は上部を指し、「枢」は枢軸、かなめという意味です。昔は、臍(へそ)を中心に腹部を上下に分け、臍より上を天に対応させ、臍より下を地に対応させて考えていました。
このツボは、臍のすぐ横にあって、胃腸の気の機能を左右するかなめであることから「天枢」と名付けられたのです。
天枢の効用
(1)胃腸の機能を左右するような重要なツボです。吐き気や嘔吐を伴うような慢性胃炎、ゲップなどの消化器系の疾患に広く効果があります。

(2)お腹がゴロゴロして気になったり、お腹が張って困るようなときにも効果があります。

(3)下痢や便秘にも効果はありますよ。

(4)そのほか、体のだるくて疲れやすい時などにもこのツボを刺激すると良いですよ。
天枢の位置
おへそから指二本分ほど外側のところにあります。
お家でご自身でお灸をされるには、薬局で売っているお灸を使われると便利ですよ!
本格的な鍼灸治療を受けられたい方は履正社医療スポーツ専門学校 十三本館・3階で開院しています、「りせい鍼灸院接骨院」 TEL06(6305)6726 までご連絡下さい!