今月のツボ通信
「今月のツボ」 トップへ                 履正社医療スポーツ専門学校・鍼灸学科
   
02 三陰交(さんいんこう)
朝晩冷える時は冷え性に悩まされる女性も多いのではないでしょうか。
今回ご紹介する「三陰交」というツボには女性ホルモンのバランスを整える働きがあり、前回ご紹介した「足三里」にあやかって「女三里」 とも呼ばれる、女性特有の症状に効果を発揮するツボなのです。
三陰交の効果
足のむくみや尿の出など、腎臓にかかわる症状を改善。
全身の水のめぐりをよくして、冷え性を改善。
月経不順・生理痛や更年期障害、不妊などの婦人科系疾患の治療に用
いる。
胃腸の働きを整え、胃もたれや消化不良などを緩和。
三陰交の位置
くるぶしのいちばん高いところから、指の
横幅4本分(3寸)膝寄りで、脛骨の骨の際にとる。気持ちいい程度の強さで刺激する。
お家でご自身でお灸をされるには、薬局で売っているお灸を使われると便利ですよ!
本格的な鍼灸治療を受けられたい方は履正社医療スポーツ専門学校 十三本館・3階で開院しています、「りせい鍼灸院接骨院」 TEL06(6305)6726 までご連絡下さい!