広報スタッフブログ

詳細

2021.06.11
マネージャーSKILL UP教室 企画への想い(その2)

合言葉は「頼れる、かっこいいマネージャーになろう」。

 

5/10(月)、人気御礼で第1回が開催された「マネージャーSKILL UP教室」。
この講座を企画・運営している広報部の南 遥夏スタッフに、企画に込めた思いを聞いた後編。本校のLFT(ライフ・フィットネス・トレーナー)コースの卒業生でもある彼女が、この業界に進むきっかけとなったケガのお話から。どうやら、今回の企画とも関連がありそうです。

 

<前回の記事はこちら>
マネージャーSKILL UP教室 企画への想い(その1)

 

――前回は南さんが高校生の頃に経験したケガのお話がありました。どんなケガだったんですか。
えっ、恥ずかしい(笑)。たいしたことないんです、左手の中手骨の骨折です。で、骨がくっつくまでの間に何かできることはないか考えたんです。「手を使わなくていいことなら、ジャンプトレーニングかな?」とか。でも、何が本当にいいのかわからなくて。アドバイスをもらえるコーチやトレーナーも周りにいないし、たまに先輩や卒業生が来てくれるぐらい。顧問の先生も忙しくて練習になかなか来られないような環境でした。そんな自分の経験と、マネージャーさんや顧問の先生方の「選手に何ができるのかわからない」というお話を重ねてみると、こんな風にケガの処置やトレーニング方法に困っている人って実は結構いるのかも、と。今回の企画はそんなところから生まれました。

 

――受講対象は高校生のマネージャーさんですか?
はい。他にも大学のマネージャーさんとか。普段からしっかりマネージャー業務をしていて、将来的にトレーナーや医療方面の進路を考えている方に、こういうこともできますよ、とたくさん提案ができれば。もちろん選手や顧問の先生方の参加も大歓迎です!

 

――講義内容へのこだわりを教えてください。
そうですね……今まで私が関わってきた出張授業などのイベントとは少し違った特色を持たせたくて。スポーツや医療の現場で働くイメージが湧くような、普段の授業に近い実践的な内容を考えています。スポーツ現場での経験もある先生方が講義をしてくださるので、実際にどんなことを行っているのかを知るいい機会になると思います。遠方の方や、来校が難しい人でも参加できるようオンライン受講もできます。全国のマネージャーさんが、選手のためにできることを少しずつ増やしていく。そのためのお手伝いができたらうれしいです。マネージャーさんがしっかりしていると、チームはもっと強くなる。合言葉は「頼れる、かっこいいマネージャーになろう!」です。

 

――第一回目の「応急処置」も、大好評でしたね。
オンライン開催のみでしたが、たくさんの方に参加していただきました。次回は6月14日(月)、「女性アスリートのセルフケア」がテーマです。鍼灸学科の先生が、女性アスリート特有のケガや競技ごとで起きやすい症状と痛みを緩和するためのセルフケア法について教えてくれます。ぜひご参加ください!

 

<マネージャーSKILL UP 教室の最新情報、お申し込みはこちらから>

マネージャーSKILL UP教室

 

<広報Mの取材MEMO>
南さんは小学校2年生からバレーボール一筋。本校在籍時、専門学校チームの関西選抜メンバーに選ばれたことも。現在は履正社医療スポーツ専門学校のバレーボール部顧問も務めています。選手のトレーニングアドバイスやケガの処置も相談できる顧問の先生……、最強じゃないですか?

2021年6月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
月間アーカイブ