Tennis Soft Tennis Course
箕面キャンパス

テニス・ソフトテニスコース(テニス専攻)

ブログ

2018.10.11
ブラインドテニスのサポート

ブラインドテニスとは、全盲から弱視の方の、体育館などで行われるテニスの事です。

目の見えない人が、3次元のテニスをするというのが凄いことなんです。

全盲:まったく光が入らないクラスのひとが、どうやってテニスをするのかというと

大きめのスポンジボールの中に鈴を入れた特殊なボールで打ち合います。

当然始める時は、「今からサーブ打ちます・・」という声を対戦相手にかけます。

選手二人に対して、審判2名、ボールを拾って渡す人2名程度必要です。

テニスコートも普通の大きさの半分程度の大きさで、ラケットもジュニア用を使用します。

本校テニスコース学生が、お手伝いと、選手インタビューをさせて頂く機会がありました。

本当に目の見えない方たちのテニスは驚愕の一言です。

 

 

 鈴の入ったボール ラインの凸凹

インタビューの様子

合わせて読みたい
2018年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
月間アーカイブ
  • NOW AND HERE 履正社卒業生の今。
  • NOW AND HERE テニス専攻専用twitter