Soccer Course
茨木キャンパス

サッカーコース

ブログ

2019.10.31
履正社CLUB 2部昇格へ! 大阪府社会人3部リーグ 最終節

10月27日(日)に履正社茨木グラウンドにて大阪府社会人3部リーグBブロックの最終節がありました!

相手は現在1位の「八尾大正FC」です。

 

◆キックオフ前の順位(3部Bブロック)

八尾大正FC 勝点18 得失点+41 1位

履正社CLUB 勝点18 得失点+24 2位

 

得失点差で圧倒的に離されているため引き分け以下だと昇格できず、勝ち点3獲得が絶対条件の状況の中、今までにない緊張感が最終節にはありました。

さらにこの1年間やってきたことを存分に発揮できる場に立つことができた誇りを胸に、これまで応援してくださった方々を含め、3部時代を経験してきた卒業生たちやその積み重ね、思いを込めて前面に戦う姿勢を出す気持ちで臨みました!

 

 

 

▶スターティングメンバー

 

 

▶キックオフ前セレモニー

 

 

▶円陣

 

 

▶キャプテンマークを巻き、中盤で60分間走り抜いた2年山下(愛媛県立宇和島南中等教育学校出身)

 

 

▶右センターバックで出場し、アグレッシブな守備を続けた1年東垣(兵庫県立和田山高等学校出身)

 

 

 

【スターティングメンバー】

システム:3-4-1-2

 

FW     西村 ブラウン

MF       清水

MF 田所  山下  西尾  岡田

DF    小林 福留 東垣

GK       景由

 

【サブ】

GK:青木

DF:高谷

DF:伊佐

MF:関

MF:松谷(←後半16分IN・岡田OUT)

FW:大滝

 

 

【スコア】

前半 1-0(前半26分ブラウン) ←得点シーン

後半 0-0

結果 1-0

WIN!!

 

 

 

「絶対に1点以上取らなければならない&絶対に1点も失点をしてはならない」

自分たちにプレッシャーを与え、そのプレッシャーを楽しみ、自信を持ってプレーする。

 

 

立ち上がりは前からプレスをかけ、相手に余裕を与えないような守備を目指しましたが、さすが相手もテクニック・フィジカル等すべて自分たちより上回っていてゴール前まで攻め込まれる場面が多々ありました。しかし、約3か月トレーニングで培い、戦術理解度を高めてきたこのシステムに自信を持ち、集中した守備陣は簡単にやられません。

 

逆に攻撃ではロングボールを多用した立ち上がりがなかなか前線で収まらず、ゴール前までいけませんでした。しかし、前からのプレスが徐々に有効的になり、ショートカウンターでゴール前へ進み、シュートが打てるようになった前半20分ごろに、1年岡田(京都府立京都八幡高等学校出身)の自陣深いFKからゴール前に大きく放り込み、セカンドボールを拾った2年山下は簡単に預けるとパスを受けた1年ブラウン(京都両洋高等学校出身)は左サイドからカットインし、豪快にシュート!放たれたボールはキーパーの頭上を越え、2度クロスバーに当たりゴールイン!前半残りわずかに見事な先制点をあげることに成功し、前半を折り返しました!

 

ハーフタイムでは、細かなポジショニングの修正と残り30分の戦いで相手がどう戦ってくるのか、それに対して自分たちはどう対応するのか、などなどもう一度気を引き締めさせました。

 

後半は、前半より相手にボールを持たせる時間がほとんどでした。苦しい時間帯が続く中、相手CKからのヘディングシュートがポストに当たるなど運が味方してくれる場面も多々ありましたが、勝ち点3獲得に向けて、チームが連動し、全員が守備を繰り返し、諦めることなく、ラスト30分を耐えるメンタリティーを身に付けれたのはこの1年間の成長を感じました。後半14分には1年岡田が相手選手とぶつかり、意識がもうろうとし、プレー続行が不可能な事態に見舞われ、一時試合が中断しましたが、交替して投入された1年松谷を始め、集中を切らさず、残り半分を耐え、無失点で終了の笛を聞くことができました!非常に長く感じた30分間でしたが、終わった瞬間、チームメイト同士喜び合い、この1年間の積み重ねが報われたように思えました。

 

 

これまで「履正社CLUB」に関わってくださった方々や応援してくださった方々にも感謝してこれからの活動に取り組んでいきます

ありがとうございました

 

 

次の公式戦は12月から開幕する大阪府社会人サッカー選手権大会です。昨年度は見事初の決勝トーナメント進出を成し遂げたのでさらに上を目指していきたいと思います引き続き応援の程よろしくお願いします

 

 

▼最終順位

 

 

◆学生コメント

 

山下 亮太(2年:愛媛県立宇和島南中等教育学校出身)

この日はリーグ戦最終節、八尾大正FCさんとの試合でした。2部昇格をかけた大事な一戦でした。私はキャプテンとしてボランチでフル出場しました。前半は緊張から全員思うように動くことができませんでした。しかし徐々に連携がとれてきて前半終了間際にゴールを決めることができました。後半は相手に攻め込まれ防戦一方になりました。でも、GK、DFを中心に全員で守りきることができ、1-0で勝利することができました。前任からキャプテンを受け継ぎ不安もありましたが、2部昇格を達成できて嬉しかったです。まだ、公式戦はありますが、1つ目標を達成できて良かったです。

 

 

西尾 優汰(2年:徳島県立海部高等学校出身)

リーグ戦最終節 勝てば全勝優勝で2部昇格!緊張感や楽しみ、不安、色々な感情の中最終節に挑みました。相手チームも全勝で自分たちより得失点差を上回っているので最終節は同点以上で2部昇格という相手にとっては、条件がよく戦いやすい試合だったと思います。その中でも、自分たちはチーム一丸となり1つの目標に向かって走り続けた事で1-0と言う形でリーグ戦全勝優勝を果たし、4年振りの2部の舞台への切符を勝ち取りました。1つの目標が達成出来て良かったです。次は、社会人選手権に向けて心改めて新しい目標へとチームみんなで向かって行きたいです。

 

 

西村 晋一郎(2年:大阪府立かわち野高等学校出身)

10月27日に大阪社会人3部リーグ最終節がありました。
相手は僕たちと同様これまで全勝のチームで得失点差のことを考えると勝つしか昇格できないという一戦でした。
結果は1-0で勝利し2部に昇格することができました!
この試合にかける思いはチームでも統一できていたと思います。
それぞれのできることをするだけと指示を受け続けていたので難しいことは考えず、良い緊張感だけを持って試合に挑めました。
自分自身も自分がなんとかするという気持ちを持つんじゃなくてチームを第一にという気持ちでプレー出来ていたと思います。
試合内容は、危ない場面も多く作られてはいましたが、チームが1つになって戦えたと思うので結果も踏まえ今までで1番楽しくて1番いい試合になったと思います。
この経験を活かしてこれからも頑張りたいです!

 

 

ブラウン 飛雄吾アミリア(1年:京都両洋高等学校出身)

10月27日はリーグ戦の最終節でもあり、昇格するためには、勝点3を取らなければならない大一番でした。
大事な試合ということもあり、みんな緊張していたし、自分も立ち上がりは、ベストなパフォーマンスではありませんでした。
試合は、相手ペースの苦しい展開でしたが、前半の終了間際に自分にチャンスが訪れ、今日の試合のファーストシュートが、ゴールに繋がってとても嬉しかったです。
ディフェンスの選手達も強敵相手に粘り強く守備をしてくれていたので、僕は、得点という形でチームに貢献でして良かったと思います。
後半も、相手の勢いある攻撃に苦戦したけど、試合終了の笛がなるまで、気持ちを切らさずに、チーム一丸となって相手の猛攻を凌ぎ、勝利を掴み取ることができて良かったです。
そして、リーグ戦、初戦からの課題であった失点を0で抑えられたのは、リーグ戦を通し、チームとして凄く成長できたとおもいますし、チームも4年ぶりに二部の舞台に昇格できて、とても良かったと思います。
来年は、一部昇格目指して頑張ろうと思います。

 

 

景由 弘晃(1年:大阪府立花園高等学校出身)

大阪府社会人リーグ3部最終節、八尾大正FCさんと試合をしました。両チーム、勝てば2部昇格が決まる緊張感のある試合でした。その緊張からか、前半は思うようにパスが回らず思うようにペースを掴めなかったです。その中で1点を決めたことはとても大きかったです。後半は相手に一方的に攻められましたが、全員で守り抜き勝つことが出来ました。自分としても無失点でチームに貢献出来たことは良かったです。この結果に浮かれず、チーム全員でまだ上を目指せるよう努力していきたいと思います。

 

 

 

 

合わせて読みたい
  • NOW AND HERE 履正社卒業生の今。