Physiotherapy Department
十三キャンパス

理学療法学科

在学生向け掲示板

ブログ

2011.08.12
暑い夏も元気に”ボランティア活動”

暑い夏の最中ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
理学事務のCでございます。

さて、私は8月7日(日)毎年恒例の「そのだ介護老人保健施設」での夏祭りボランティアに、理学療法学科3年生の学生7名と同施設で現在短期実習中の4年生1名と一緒に参加してきました

履正社の学生に割り振られたのはゲーム係。
ストライクアウト(ボールを投げて数字の板を抜くゲーム)、輪投げ、人形掬い(金魚掬いのポイを使って人形やスーパーボールを掬うゲーム)、ゲーム終了者への景品交換係と役割を振って頂き、それぞれの担当部署で、皆、利用者さんを気遣いながら、笑顔で一緒に楽しんでいました。
ゲームの後片付けでも、「さすが履正社の学生は賢いなぁ~」と片付けの手際を職員さんに褒められる場面もあり、ちょっと誇らしかったです

盆踊りには皆、積極的に参加!
盆が付いても踊りは踊り。英語で言えばBON DANCE!
1時間も踊ると、か~な~り疲れますっ!
が、さすがに20代の若者っ!
皆、振り付けに四苦八苦しながら、ボランティアで参加されていた婦人会のおばさま方を見よう見まねして、最後まで楽しそうに踊っていました

盆踊りの途中、利用者さんに話しかけられていた女の子達。利用者さんの目線に合わせてしゃがんで、にこやかに話し相手をしていて、利用者さんもとっても嬉しそうだったのがとっても印象的でした
うんうん。ホンっト、ウチの子達はいい子達なのよ~
気分はすっかりオカンです(笑)

実習中のMくんは盆踊り前半戦に参加した後、車椅子の介助をするなど、お手伝いの私達とは違った位置で、出来ることを頑張っていました。

そのだ介護老人保健施設の若手職員によるソーラン節は、全員がお揃いの衣装で颯爽と登場!

限られた少ない練習時間の中、一生懸命練習を重ねたソーラン節にはアンコールがかかり、皆さん肩でゼイゼイと息をしながら、アンコールに応えていらっしゃいました。
こちらに入職したら、もれなくソーラン節が踊れます

担当職員のT先生と少しお話させて頂いた際に、本校へ求人も出して頂けると仰って頂きましたので、4年生でこちらへ就職を考えている方、来年は是非職員としてソーラン節を踊って下さい
職員は皆さん和気藹々としていて、非常に明るい職員さんの多い施設でしたヨ

また、写真はありませんが、来場者の方、利用者さんが参加して行われたスイカ割りは大好評
利用者さんが何人か交替でスイカを叩いていくのですが、少しヒビが入るとスイカを叩く棒で入ったヒビをグリグリと広げこじ開けようとする方や、亀裂に指を押し込み、ヒビを更に大きく広げようとなさる方や、畑を耕すようにスイカをベシコっ!ベシコっ!ベシコっ!………と1分近く、延々リズム良くスイカを叩き続ける方などがいらして、会場は温かい笑いに包まれました
ちなみに割られたスイカは、その後利用者さんに振る舞われ、皆さん美味しそうに召し上がっていました

全ての行事が終わると、今度はかなり大がかりなお片付け。
机も椅子も小道具もゴミも半端なく多い!
でも、履正社の学生は、自分で考えて人手が足りないところに移動して手伝ったり、自主的に重い物を運んだり、他校の学生とも自然に協力して、よく動いていました

全ての片付けが終わると、控え室で担当のT先生より労いのお言葉を頂き、全員に振る舞われた高級なリンゴジュースで乾杯

一日中ずっと立ちっぱなしで動き続けたので、疲れることは疲れたけど、普段なかなか経験することが出来ないことなので、凄く良い機会を頂けたと思います

来年は臨床実習で実際に現場に出て行く3年生達。
このボランティアで自分が得たことも多いと思うので、是非次に活かして欲しいです。
そして、今の2年生は彼らに続いて、来年頑張ってね

合わせて読みたい
  • NOW AND HERE 履正社卒業生の今。
  • 理学療法学科のFacebookもチェック