Physiotherapy Department
十三キャンパス

理学療法学科

在学生向け掲示板

ブログ

2020.09.08
多職種連携の時代が進む、スポーツを経験した理学療法士の強み

 

こんにちは、副校長田中です。

 

テーマにあげたのは医療介護福祉の多職種連携の重要性。

以下に職種を挙げて説明しましょう。

 

 

患者さんを支援する主な医療介護福祉の多職種とは、

医師(MD)看護師(NS)、リハビリテーション専門職の3職種、

理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)。

介護福祉専門職には、介護福祉士(CW)、社会福祉士(SW)、

そして精神保健福祉士(PSW)です。すべて国家免許です。

それ以外に都道府県登録の介護支援専門員(ケアマネージャー、CM)もいます。

 

社会復帰や自立、また生活改善をめざし、

リハビリテーションを受けてさまざまな回復をとげる。

 

回復までの道のりには、リハビリテーションの花形、理学療法士の役割は重要なのです。

まず大切なのは、患者さんとも多職種の方々とも、コミュニケーションがうまく取れる事。

 

スポーツを経験した諸君なら、理学療法士として、

患者さんを中心とした多職種連携サークルでうまく回復や復帰へ導けるはず。

 

スポーツが強みの履正社ならば夢はかないます。

合わせて読みたい
  • NOW AND HERE 履正社卒業生の今。
  • 理学療法学科のFacebookもチェック