DOUBLE LEARNING
ダブル・ラーニング制度

医療+パーソナルトレーナー

VOICEパーソナルトレーナー×鍼灸師には、
どんなポテンシャルがありますか?

杉山 匡人さんPHIピラティス マスタートレーナー日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナーはり師・きゅう師

ある研究論文によると「パーソナルトレーニングを利用する目的」の理由に、「身体を鍛える」ことより「不調をどうにかしたい」という要望の方が多かったというデータがあります。実際に、私が所属するスタジオにも何かしらの不調や痛みを抱えた状態で来られるお客様は少なくありません。
鍼灸はまず、それらの不調をゼロベースにすることができます。ただし、整形外科的な痛みの原因は普段の生活の中での動きにあるので、まずはここをクリアにしないと元に戻ってしまう。痛みを取った後はお客様に不調の原因を取り除いてもらうため、フィットネスが得意とする運動療法が活きてきます。
私の場合は単純な筋力強化やストレッチではなく、ピラティスで正しい姿勢や身体の使い方や動かし方を学んでもらい、痛みを抱えている場所に負荷がかからない動きを覚えてもらった上で身体づくりを行います。
また、医療資格があれば「今日は運動がつらい」という日でもご来店いただき、身体の状態を診てから治療することもできます。
お客様がどんな体調でもきめ細かなサポートができ、運動を続けられるお手伝いをする。そんな柔軟な対応力を備えたトレーナーになれるはずです。

PHIピラティスジャパン本部のマスタートレーナーとして本校での指導のほか、アスリートからボディメイクを目的とされる一般の方まで様々なクライアントへのパーソナルレッスンを行う。

榮德 匠真さんTRX® Training Japan株式会社認定 コースインストラクター日本パーソナルトレーナーズアカデミー認定 マスタートレーナーはり師・きゅう師

来店されたお客様の身体は運動療法と東洋医学、両方の観点から診ています。
たとえばシェイプアップが目的のお客様の場合、様々な可能性を考えながらボディチェックとカウンセリングをします。食事のコントロールをしていて、来店時に胃の調子が良くないとおっしゃるときなどは、胃を守ろうとして前傾姿勢になっていることがあります。このように東洋医学の観点からも問診することができ、「先に鍼灸治療で胃をケアし、姿勢を良くする素地を整えてから運動を始めてもらったほうが、この方のボディメイクはうまくいくのではないか」と見立てることが可能になります。
内臓の不調からなのか、それとも身体の使い方のクセから来ているのか。運動指導と鍼灸治療、双方の観点からサポートできれば、お客様の目標到達への近道をご提案でき、ボディメイクのアプローチに幅が出てくると考えています。
特に一般のお客様を対象にしたトレーナー ×鍼灸師となれば、先進性と希少価値が高まり、“未来の仕事”と言ってもいいでしょう。多面的な視野を学び、たくさんの引き出しを持つハイブリッドなトレーナーを目指してください。

パーソナルトレーナーとしての活動のほか、近畿大学附属高等学校男子バスケットボール部で専属トレーナーを務める。また、本校でTRX®サスペンショントレーニングの指導も行っている。

本山 小容子さんPHIピラティスインストラクターヨガインストラクターはり師・きゅう師

履正社を卒業後、就職先でピラティスとヨガの指導を学び、現在はフリーランスのインストラクターとして活動しています。鍼灸師の免許を取得しようと思ったきっかけは鍼灸師の友人に治療を受けたこと。てい鍼 (打たずに当てるだけの鍼)だったのですが、とてもスピーディで身体への負担がなく、施術後にピラティスやヨガをすると身体の軸を意識できて重心が変わり、安定感が出ました。
ピラティスやヨガは身体の軸が重要です。エクササイズしながら(軸を)作っていく前に、鍼灸治療である程度整えておけば、お客様がすぐに動作に意識を向けられるのも利点だと思います。また、私のお客様は鍼よりお灸が好きな方が多く、「身体を温め、痛みを緩和してからのほうが動きやすい」とのお声をよくいただきます。鍼灸でしっかりと動く準備ができると、レッスンの限られた時間を有意義に使えます。さらにお灸での施術はお客様にセルフケアの提案もしやすく、「疲れが取れた」「よく眠れた」と、身体を休めることにもお役立ていただいています。
また鍼灸師の資格は、結婚や出産といったライフイベントにも対応するキャリアを築けることも魅力。将来の働き方に幅ができるのも、大きなメリットだと思います。

本校の旧ウエルネススポーツ科トレーナーコースを卒業後、フィットネスクラブ勤務を経てフリーランスのピラティスインストラクター、ヨガインストラクターに。その後、鍼灸学科へ再入学し 2020年卒業。