Judotherapy Department
十三キャンパス

柔道整復学科
午前部 / 午後部

ブログ

2021.11.10
リカレント教育の重要性、学び直しは勇気をもってアクションを

 

こんにちは、学科長田中です。柔道整復師の教育に携わり30年余りが過ぎました。

 

当時の学生平均年齢は、おそらく20代後半、ほとんどが学び直しで、

大卒者、脱サラ、病院や接骨院で数年勤務してようやく合格した方々も。

リカレントの宝庫でした。

 

 

モチベーションもしっかりしていたので、脱落者はゼロ、国家試験ほぼ全員が合格する。

どこの学校も同じでした。

 

実は小生も、大学院でリカレント教育を受けた経験があります。

 

その大学院の恩師から毎月、添付メールが送られてきます。

『社会医療ニュース』です。大学院の恩師は小山秀夫先生。

医療と介護経営が専門で、教授陣の中では神様の存在、厳しい先生でよくしかられました。

 

 

今この『社会医療ニュース』を大変活用させていただいております。

新カリキュラムの、社会保障制度と職業倫理の授業に活かされています。

リカレント教育がなければ、小山先生との出会いも、社会医療ニュースもなかったことです。

 

実学を身に付けるためにも、学び直しにトライしてみませんか、

リカレント教育を全力で応援します。

 

先のブログで紹介した、我が教育の完成形“沖縄下門ストーリー”の再来、

大歓迎でお待ちしていますよ。

 

合わせて読みたい
2021年11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
月間アーカイブ
タグ
  • NOW AND HERE 履正社卒業生の今。
  • 柔道整復学科のFacebookもチェック
  • 柔道整復学科専用Twitter