Judotherapy Department
十三キャンパス

柔道整復学科

ブログ

2020.09.04
学生諸君の興味と関心の渦、履正社柔整の超音波エコー観察実習がスタート。

こんにちは、学科長田中です。

 

写真は3年生の新カリキュラム『施術の適応と医用画像の理解』での、第1回超音波エコー観察の実習風景。

 

 

 

 

1回目なので、何が何だかよく分からず、エコー観察に興味津々で、ギョロギョロの様子。

 

 

講師は、履正社柔整4期卒業で、診療放射線技師の資格を持ち、医療大学の講師も務める立山先生。

 

 

 

 

病院での医用画像撮影の経験もあり、後輩に指導するには申し分のない資格と経験を持つ先輩だ。

 

 

接骨医療で患者利益、医療安全に貢献でき、またメディカルトレーナーとして、損傷の評価や判断材料として、客観な根拠を元にサポートができる、超音波エコー観察装置。

 

 

10回ほどの実習を通じて、医用画像の理解と勉学への意識がどのように変わるか、業界の進化と発展に一石を投じる起爆剤になるか、大きな期待をもって継続していきたい。

合わせて読みたい
2020年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
月間アーカイブ
タグ
  • NOW AND HERE 履正社卒業生の今。
  • 柔道整復学科のFacebookもチェック
  • 柔道整復学科専用Twitter