Judotherapy Department
十三キャンパス

柔道整復学科

ブログ

2020.06.04
進路選択の参考に。君たちは何を学びたいのか、何を身に付けたいのか、3つのポリシーが屋台骨。アウトカムの充実は職能教育者としての責務。

こんにちは、学科長田中です。

 

柔道整復師の国家免許を取得すると、さまざまな道が選択できます。
①病院・診療所勤務
②接骨院勤務
③高齢者のリハビリテーション施設、ケアプランを立てるケアマネジャー
④トレーナー派遣型企業

 

 

以上ですが、トレーナー希望の人は、ほとんどが①②③の現場実務経験での勤務となり、トレーナー活動は、病院からの派遣型か、ワーク&ライフバランスでのプライベート活動になりますが、報酬や勤務の条件など、さまざまな満足度が必要ですね。

 

つまり
『何を学びたいのか、何を身につけ、どんな仕事につきたいか、報酬はいくら必要か。』
です。

 

 

 

 

履正社 柔道整復学科では、それを明確な3つのポリシー+ワンで、みなさんの満足度を高めています。
①アドミッションポリシー、履正社 柔道整復学科が希望する人(君の思いとマッチングしてる?)
②カリキュラムポリシー、履正社 柔道整復学科が用意したカリキュラム(ぜひ先生に聞いてみよう)
③ディプロマポリシー、単位を履修した方へ卒業認定、そして社会へ(めでたく卒業し、国家試験合格)
④アウトカムの充実、学校で履修した職能教育を通じた仕事満足度向上(学びたかった事が仕事になっていますか、しっかり報酬を得ていますか)

 

 

職能教育者としては、④の充実ですね。
入学前に、学びたかった事を履正社 柔道整復学科で教わり、身につけたことを仕事で活かし、報酬を得る。

 

 

3つのポリシー+ワンが学校選びの判断材料になりますよ、ぜひご参考に。

合わせて読みたい
2020年6月
« 5月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
月間アーカイブ
タグ
  • NOW AND HERE 履正社卒業生の今。
  • 柔道整復学科のFacebookもチェック
  • 柔道整復学科専用Twitter