Judotherapy Department
十三キャンパス

柔道整復学科

ブログ

2019.12.04
接骨医学会学術大会(ポスター発表)を終えた感想 -桧尾編ー

「横隔膜と腹横筋が重心動揺に及ぼす影響」
3年生 午前部 桧尾 真緒(大阪府立大冠高等学校 ハンドボール部出身)

 

 

 

 

■卒業論文を作成する前の意気込み
腹横筋や横隔膜の機能について詳しく調べ、将来アスリートの競技力向上や高齢者の転倒予防など幅広く治療に活かすことが出来ると思い研究テーマとしました。

 

 

■作成中の苦労話
先行研究をいくつも読んだり、研究をして結果をまとめることは容易でなく、文章構成やグラフ作成も難しかったです。

 

 

■最終的な感想
人前で話をしたり、自分の考えを述べることは苦手でしたが、今回の卒論発表を通してこれらを克服することができ、また会場に行けば違う研究も掲示されており、知識も付けることが出来ました。

将来、患者さんに接する時も根拠を持って話すことが出来るので、自分にとってプラスになることばかりでした。最初は緊張しましたが、終えてからは発表して良かったと思いました。

 

 

合わせて読みたい
2019年12月
« 11月   1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
月間アーカイブ
タグ
  • NOW AND HERE 履正社卒業生の今。
  • 柔道整復学科のFacebookもチェック
  • 柔道整復学科専用Twitter