Judotherapy Department
十三キャンパス

柔道整復学科

ブログ

2019.07.08
在校生勤務研修(連携医療機関での業務)希望の1年生、折橋のこれから。

こんにちは、田中です。

写真は柔道整復学科1年生の折橋七海さん。(兵庫県播磨高等学校 バスケットボール部出身)

 

 

 

 

履正社柔整の学生は、様々なアルバイトをしているが、辻井学科長はじめ各学年担任からは季節が進むごとに、徐々に飲食やコンビニ系のアルバイトから脱皮させ、医療介護福祉系で勤務するように個人面談時や授業の際に学生に提言、指導をされている。

 

 

理由は、将来医療免許で活躍するに当たり、医療介護福祉系での勤務は実務的にも身につく事が多く、学生とは言え経験値が上がり、引いては知的好奇心の解決から学習意欲も向上するからだ。

在校生勤務研修及び就活担当の田中としてもマッチングすれば、卒後そのまま正社員として就職につなげることもできる。

 

 

今回は神戸市にある、教育連携医療施設のやなぎ整形外科クリニック(野柳先生は、本校の医療職業実践専門課程の学校関係者評価委員)での事前打ち合わせで訪問しました。

スタッフ7人は全員履正社柔整卒(1名2年在校生)です。

また、理学療法士資格を持つ男子1名以外は、すべて女子です。オールRISEISHAカラー。

 

 

 

 

折橋さん、野柳院長をはじめ先輩方の指導を受け、大きく成長してください。

合わせて読みたい
2019年7月
« 6月   8月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
月間アーカイブ
タグ
  • NOW AND HERE 履正社卒業生の今。
  • 柔道整復学科のFacebookもチェック
  • 柔道整復学科専用Twitter