Judotherapy Department
十三キャンパス

柔道整復学科

ブログ

2018.06.22
3年就活のシーズンに突入、履正社柔整OB訪問と面談がピークだ。

こんにちは、学科長田中です。

 

履正社柔整の就活スタートは早い。おそらく全国柔整学校で一番だ。
これは私の持論。

 

受験生に、オープンキャンパスや説明会の入り口(入学前教育)案内で本校を選んでもらい、国家試験の合格と医療人格育成を目指して(就学教育)全力で教育と指導をする。

 

そしていよいよ出口(卒業)。

入学した希望や夢が継続できているか、変化はないか、しっかり面談をして学生が今思う就職先に導く、つまりアウトカム(学修成果)。卒後教育もその一つだ。

 

 

入学、卒業、後はご自由に。

では、職能教育は完成しない。

 

 

だから、履正社柔整では早くから学生の思いと変化を把握する。

面談ヒアリングを行い、同じような思いをもって勤務しているOBOGとの訪問や面談をすすめている。

 

 

 

 

写真は、永田整形外科で勤務する今年3月卒業の田川君。

メディカルアスリート専攻(サッカーコース+柔道整復学科)の卒業生だ。

彼に近況を聞くと仕事は忙しいけど、やりがいがあって、臨床研修としても申し分ないらしい。

給料はどうだときくと、照れながら『まあまあ、満足しています』と。よかった、よかった。

 

実は現在、3年生の男子学生が彼と同じ思いを持っていて、田川君の元担任福田先生にOB訪問の件で相談すると、『田川を呼びますよ』と快諾の返事をいただき、2日前の依頼なのに、本日早速、田川君が来校し、希望をしている3年生から質問を受け、親切丁寧に答えてくれました。

 

本来は訪問すべきところ

「本来は訪問すべきところを田川君、ありがとう。」と伝えると

「来春のリクルーターとしての役割もありますので。」

と、社会人らしい一言。

いやいや、たのもしい。

 

 

履正社柔整の就活スケジュールは、

OBOG訪問面談(5,6月)→夏の医療施設1日見学(7,8月)→インターンシップ(11,12月)→面接試験(1月)→内定(2月)→国試合格(3月)→勤務(4月)となります。

 

 

今年も暑い夏が来る、履正社柔整の就活がはじまった。国試勉強と並行して乗り切ろう。

合わせて読みたい
2018年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
月間アーカイブ
タグ
  • NOW AND HERE 履正社卒業生の今。
  • 柔道整復学科のFacebookもチェック
  • 柔道整復学科専用Twitter