Sports English Department
十三キャンパス

スポーツ外国語学科2020年4月新設予定
デイタイムコース(昼間部) / イブニングコース(夜間部)

Introduction of learning学びの紹介

カリキュラム・時間割

カリキュラム

デイタイムコース(昼間部3年制)

デイタイムコースでは、1年次に、翌年の1年間の海外留学に耐えうる英語力とスポーツの基礎知識を身につけ、2年次は全員、1年間の海外留学を必修とします。留学先では主に大学併設の語学学校(ELS)に入学し、ホームステイまたは海外の学生とのルームシェアで生活・通学します。帰国後の3年次には英語のみの授業により語学力の定着と発展を図り、卒業時には外資系一般企業の採用条件の目安であるTOEIC スコア800点を目標とします。

イブニングコース(夜間部2年制)

イブニングコースでは、将来、英語を武器にスポーツ現場で活躍したいという方を対象に、社会人入学や大学生のダブルスクールを広く受け入れます。夜間のみの開講で、本校他学科とのダブルスクールも可能です(ダブル・ラーニング制度)。

時間割例

デイタイムコース 1年前期

時間割例
1時限9:30~11:00 スポーツコーチング学I プレゼンテーション スポーツ実況
(リスニング)
英文法 スポーツ心理学I
2時限11:10~12:40 スポーツ英語 プレゼンテーション フィジカル・イングリッシュ 言語技術 多文化
コミュニケーション
昼休憩12:40~13:30 LUNCH LUNCH LUNCH LUNCH LUNCH
3時限13:30~15:00 フィジカル・
イングリッシュ
トレーニング論 スポーツ現場実習 多文化
コミュニケーション
英文法
4時限15:10~16:40 スポーツ栄養学I TOEIC スポーツ現場実習 TOEIC スポーツ記事
(リーディング)

※上記のタイムスケジュールは一例であり、変更されることがあります。
※黄色の枠はネイティブの教員・講師が英語で行う授業、青色の枠は日本語で行われる授業、オレンジの枠は身体を動かす授業、緑の枠は実習の授業を指します。学年が進むにつれ、英語で行われる授業の割合が増えていきます。

デイタイムコース 1年後期

時間割例
1時限9:30~11:00 スポーツコーチング学II プレゼンテーション スポーツ実況
(リスニング)
英文法 スポーツ心理学II
2時限11:10~12:40 スポーツ英語 プレゼンテーション フィジカル・イングリッシュ ダンス表現 多文化
コミュニケーション
昼休憩12:40~13:30 LUNCH LUNCH LUNCH LUNCH LUNCH
3時限13:30~15:00 フィジカル・
イングリッシュ
トレーニング論 スポーツ現場実習 多文化
コミュニケーション
英文法
4時限15:10~16:40 スポーツ栄養学II TOEIC スポーツ現場実習 TOEIC スポーツ記事
(リーディング)

※上記のタイムスケジュールは一例であり、変更されることがあります。
※黄色の枠はネイティブの教員・講師が英語で行う授業、青色の枠は日本語で行われる授業、オレンジの枠は身体を動かす授業、緑の枠は実習の授業を指します。学年が進むにつれ、英語で行われる授業の割合が増えていきます。

※デイタイムコースは2年次に全員1年間の海外留学を行います。
詳しくはこちら

デイタイムコース 3年前期

時間割例
1時限9:30~11:00 スポーツ経営学I プレゼンテーション スポーツ実況
(リスニング)
英文法 スポーツ通訳I
2時限11:10~12:40 スポーツ英語 プレゼンテーション フィジカル・イングリッシュ テーピング実習 多文化
コミュニケーション
昼休憩12:40~13:30 LUNCH LUNCH LUNCH LUNCH LUNCH
3時限13:30~15:00 フィジカル・
イングリッシュ
バイオメカニクス スポーツ現場実習 多文化
コミュニケーション
英文法
4時限15:10~16:40 ビジネス英語 TOEIC スポーツ現場実習 TOEIC スポーツ記事
(リーディング)

※上記のタイムスケジュールは一例であり、変更されることがあります。
※黄色の枠はネイティブの教員・講師が英語で行う授業、青色の枠は日本語で行われる授業、オレンジの枠は身体を動かす授業、緑の枠は実習の授業を指します。学年が進むにつれ、英語で行われる授業の割合が増えていきます。

デイタイムコース 3年後期

時間割例
1時限9:30~11:00 スポーツ経営学II プレゼンテーション スポーツ実況
(リスニング)
英文法 スポーツ通訳II
2時限11:10~12:40 スポーツ英語 プレゼンテーション フィジカル・イングリッシュ ビジネスマナー 多文化
コミュニケーション
昼休憩12:40~13:30 LUNCH LUNCH LUNCH LUNCH LUNCH
3時限13:30~15:00 フィジカル・
イングリッシュ
スポーツ生理学 スポーツ現場実習 多文化
コミュニケーション
英文法
4時限15:10~16:40 ビジネス英語 TOEIC スポーツ現場実習 TOEIC スポーツ記事
(リーディング)

※上記のタイムスケジュールは一例であり、変更されることがあります。
※黄色の枠はネイティブの教員・講師が英語で行う授業、青色の枠は日本語で行われる授業、オレンジの枠は身体を動かす授業、緑の枠は実習の授業を指します。学年が進むにつれ、英語で行われる授業の割合が増えていきます。

イブニングコース 1年前期

時間割例
1時限18:30〜20:00 スポーツビジネス プレゼンテーション スポーツ社会学 英文法 多文化
コミュニケーション
英文法
2時限20:10〜21:40 スポーツ英語 プレゼンテーション スポーツ実況
(リスニング)
フィジカル・
イングリッシュ
TOEIC TOEIC

※上記のタイムスケジュールは一例であり、変更されることがあります。
※黄色の枠はネイティブの教員・講師が英語で行う授業、青色の枠は日本語で行われる授業、オレンジの枠は身体を動かす授業を指します。学年が進むにつれ、英語で行われる授業の割合が増えていきます。

イブニングコース 1年後期

時間割例
1時限18:30〜20:00 スポーツビジネス プレゼンテーション ビジネスマナー 英文法 多文化
コミュニケーション
英文法
2時限20:10〜21:40 スポーツ英語 プレゼンテーション スポーツ実況
(リスニング)
フィジカル・
イングリッシュ
TOEIC TOEIC

※上記のタイムスケジュールは一例であり、変更されることがあります。
※黄色の枠はネイティブの教員・講師が英語で行う授業、青色の枠は日本語で行われる授業、オレンジの枠は身体を動かす授業を指します。学年が進むにつれ、英語で行われる授業の割合が増えていきます。

イブニングコース 2年前期

時間割例
1時限18:30〜20:00 スポーツ通訳Ⅰ プレゼンテーション スポーツコーチング学Ⅰ TOEIC 多文化
コミュニケーション
英文法
2時限20:10〜21:40 スポーツ英語 プレゼンテーション ビジネス英語 フィジカル・
イングリッシュ
TOEIC TOEIC

※上記のタイムスケジュールは一例であり、変更されることがあります。
※黄色の枠はネイティブの教員・講師が英語で行う授業、青色の枠は日本語で行われる授業、オレンジの枠は身体を動かす授業を指します。学年が進むにつれ、英語で行われる授業の割合が増えていきます。

イブニングコース 2年後期

時間割例
1時限18:30〜20:00 スポーツ通訳II プレゼンテーション スポーツコーチング学II TOEIC 多文化
コミュニケーション
英文法
2時限20:10〜21:40 スポーツ英語 プレゼンテーション ビジネス英語 フィジカル・
イングリッシュ
TOEIC TOEIC

※上記のタイムスケジュールは一例であり、変更されることがあります。
※黄色の枠はネイティブの教員・講師が英語で行う授業、青色の枠は日本語で行われる授業、オレンジの枠は身体を動かす授業を指します。学年が進むにつれ、英語で行われる授業の割合が増えていきます。

本校のカリキュラムは、大手語学学校「ベルリッツ」の元副社長であるウーリッヒ・クルツ氏の全面監修により組み立てられています。日本で30年以上にわたって英語教育の実績をあげてきたクルツ氏のカリキュラムの特徴は、「ネイティブスピーカーによる英語での授業」です。

履正社では、日本人の指導経験が豊富なネイティブ教員・講師を揃え、1年次から「英語を英語で学ぶ」ことを徹底します。(※コーチング学やトレーニング論、スポーツ栄養学、スポーツ心理学といった、スポーツの専門知識に関する授業は日本語で行います)

進路・資格

卒業後の主な進路

  • スポーツコーチ
  • スポーツチームトレーナー
  • スポーツチーム通訳
  • 国際試合担当レフェリー
  • 海外リーグのプレーヤー
  • スポーツジャーナリスト
  • 海外大学入学
  • スポーツ関連企業(スポーツクラブ、スポーツマネジメント会社、スポーツメーカー、スポーツショップなど)
  • 一般企業就職(ホテル業界、航空業界、アパレル業界、国際運輸業界、メーカー、テーマパーク業界など)
  • 国内大学編入学 など

取得可能な資格

  • 海外大学入学資格(ELSレベル112)
  • TOEICスコア800(デイタイムコース目標)
  • ビジネス英語検定 など

※以下、ダブル・ラーニング選択者のみ

  • 日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー
  • 各種競技の専門資格
  • 理学療法士(国家免許)
  • 柔道整復師(国家免許)
  • はり師・きゅう師(国家免許)

※以下、「大学教育学専攻」選択者のみ(予定)

  • 学士(大卒認定の学位)
  • 保育士資格(1種)
  • 幼稚園教諭(1種)
  • 小学校教諭(1種)
  • 中学校教諭(1種)
  • 高等学校教諭(1種)

ダブル・ラーニング制度を用意しています。

スポーツ外国語学科で学びながらアスレティックトレーナー資格の取得を目指す道、あるいは競技系コースで技術を磨き、指導者や審判員の資格を勉強しながら英語も身につける道、医療系の国家免許(理学療法士、柔道整復師、鍼灸師)と語学力の同時取得を目指せる道も用意されています。
※1 佛教大学との提携による「大学教育学専攻」の履修者に限ります(予定)。