Sports English Department
十三キャンパス

スポーツ外国語学科
英語コース

ブログ

2021.10.04
現場実習

こんにちは!

スポーツ外国語学科ではプロチームでの現場実習があります!

今回ご紹介するのは、佐藤学科長が通訳を務めるラグビーチーム、NTTドコモレッドハリケーンズ大阪での現場実習です。

https://docomo-rugby.jp/

 

ATの仕事内容とは?現場での英語力の必要性は?ラグビーチームの1日はどんな感じ?

朝から晩までチームに帯同することで、座学では学べないリアルな学習ができます。

百聞は一見に如かず、Seeing is believingですね。

 

トレーナーの1日は早朝から始まります。

選手を迎える準備のために一番早く来て、練習後の治療などを終えて一番最後に帰る。チーム内で最もハードワークが求められるポジションです。

 

学生もそれに合わせて、6:30に集合して早速準備のお手伝い。

 

コンディショニング・トレーニング(フィットネス)に参加!選手の気持ちを理解するために練習のキツさを体感!

 

ストレッチセッション、体幹トレーニングを見学。試しにやってみる!

 

試合現場では氷作りを手伝い、怪我人の処置を見学。

 

座学では伝わらないことを体感的に学んでいます。

 

国際AT1年生の石川と南アフリカ出身の選手でパシャリ!選手、スタッフ、みんなウェルカムで迎えてくれます!

 

チームという特別な集団の一員になれることは大変光栄なことです。そして座席数は限られています。椅子取りゲームに勝てるようにこれからも頑張っていきましょう!!

 

花園ラグビー場にて素敵な一枚。

 

プロチームに参加することで色々な刺激を受けて、いつか自分もプロチームの一員として働きたい!

そんなモチベーションになってくれたら嬉しいです。

 

合わせて読みたい
  • スポーツ外国語学科Instagram
  • スポーツ外国語学科Twitter