Sports English Department
十三キャンパス

スポーツ外国語学科2020年4月新設
デイタイムコース(昼間部) / イブニングコース(夜間部)

ブログ

2020.11.13
スピーキング&プレゼンテーション【授業の様子】

今日は、スピーキング&プレゼンテーションの授業の様子をご紹介します。

 

日本人は、海外の人と比べると「自分の意見をはっきり伝えることが出来ない」と言われている事を、みなさんもどこかで聞いたことがあるかもしれません。この授業は、「まずは日本語で自分の意見をきちんとプレゼンできるようになる!」ということを目的として、1年時の通年の授業となります。

 

講師としましては、フリーアナウンサーの弘松優衣さんに教壇に立って頂いています。「情報スタジアム4時!キャッチ」にて火曜日から木曜日までメインキャスターを務められているので、ご存じの方も多いかと思います。

 

授業名の通りプレゼンテーションの授業なので、「人前でしゃべるのは緊張するし苦手だな。」という学生もいますが、その心配は無用です。授業は、終始和やかな雰囲気で進んでいきます。

 

 

例えば、11月13日の授業ですが、「なりきりコーチ!」クラスのみんなに自分の得意なことをコーチになって教えてみよう。というテーマで進められました。まずはシチュエーション、そして、もちろん何をコーチするか、それを知るメリットは?等々を学生自身が自分の得意なことをピックアップして、みんなの前で3分間だけコーチになります。

次は、グループにわかれてそこで発表します。

そしてその次は、クラス全員の前で。最初は永遠のように長く感じていた3分間のスピーチも、後期の授業になればあっという間に過ぎます!

 

 

弘松先生がとても優しい雰囲気の方なので、学生ともフランクに話されるので、堅苦しさは全くありません。それぞれが自分の言いたいことを自由に発言しますが、正しい正しくないというジャッジはありません。

ただ、「ここをこうすればもっと伝わる話し方になるよ。」というアドバイスを頂けます。

そして、それを次の回のスピーチに活かします。そのアドバイスのおかげで、学生たちは自分で考えてそれを上手に相手に伝わるように話すことが出来るようになっています。

 

 

また、自分の意見を伝えるということだけではなく、まわりの意見も聞いていろいろな考えを吸収できる授業です。

 

この授業で学んだことを海外で生活する時にも活かして、他の国の人に負けない強い心を持って夢に向かって羽ばたいて欲しいと思っています。

 

スポーツ外国語学科には、スポーツだけでなく、英語だけでなく、いまからの日常に活かせる授業、このすべてがあります。

 

興味を持たれた方は、下記のリンクよりオンライン対応個別相談会のご予約をどうぞ。学科長の元ラグビー日本代表通訳の佐藤秀典が、スポーツ外国語学科に対するわからない不安を解決致します。

 

https://www.riseisha.ac.jp/consultation/

 

実際来て校舎を見てみたい方、英語の先生に実際会って体験レッスンを受けてみたい方はぜひオープンキャンパスにお越しください。

 

https://riseisha.campus-p.jp/student/event/detail?open_campus_id=7147

 

 

 

最後になりましたが、弘松先生、いつもありがとうございます!

 

合わせて読みたい
2020年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
月間アーカイブ
  • スポーツ外国語学科Instagram
  • スポーツ外国語学科Twitter