Baseball Course
箕面キャンパス

野球コース

ブログ

2020.07.20
企業チーム 都市対抗1次予選2回戦

こんにちは。

2年マネージャーの立和名です。

 

前日に初戦を勝利し、このままの流れでなんとか勝ちたい2戦目は昨日と同じメンバーに、先発は加藤聡で挑みます。

 

日時:7月19日(日)

場所:NTT淀総合運動場

対戦相手:マツゲン箕島硬式野球部

TEAM         123456789   

履正社            000000010    1

 箕島               00010001 ×     2

(バッテリー)加藤聡ー末永

(長 打)(二塁打)喜多航

 

この試合の対戦相手であるマツゲン箕島硬式野球部とは前年度OP戦を行いましたが、その際は大差で負けました。

さらに昨年の全日本クラブ選手権の覇者でもあります。

そんな相手と、1点を争う均衡した良い試合ができたことに、選手たちの成長を感じずにはいられません。

この試合も先発のピッチングが光りました。

毎回ランナーを出してしまうものの、8回を投げて四死球を1つも与えず、テンポ良く相手打線を抑えてくれました。

1年生で、初の公式戦の先発マウンドながらも、落ち着いたピッチングを見せます。

このピッチングの流れに乗って得点したいところですが、なかなか打線がつながりません。

そして4回、相手の6番バッターにホームランを浴びて1点を先制されてしまいます。

なんとか追いつきたい打線は8回、代打堀江のレフト前ヒットを皮切りに打線が繋がります!

続く猪崎もレフト前、そして喜多大のライト前で満塁とし、この試合バッティング好調な末永が打席に立ちます。

みんなの期待の中、末永は初球をセンター前に運んで同点タイムリー!!

ようやく同点に追いつきます。

このまま逆転するかと思われましたが、代わった相手投手に抑えられてしまいます。

そして、同点に追いついた裏の相手の攻撃で先頭打者にヒットを打たれてしまい、その後ランナーを進められ、犠牲フライで逆転を許してしまいます。

なんとか追いつき、勝ち越したい最終回の攻撃。

チーム一丸となって挑みましたが、得点を奪えず、1-2で惜しくも敗退となりました。

企業チームの2年生は、この試合が最後の公式戦となりました。

あの場面でこうしていれば、などの反省点はもちろんあると思います。しかし、今までは失点やミスの後黙って静かになり、さらに流れを悪くしていたところを、この試合ではベンチや試合に出ているメンバーみんなが、声を出してピンチを最小限に抑えていました。

負けはしましたが、自分たちの成長も感じられた次につながる貴重な1試合になったのではないでしょうか。

悔しい気持ちを忘れずに、しかし、このような良い試合ができたことには自信を持ってほしいです。

2年生も公式戦は終了しましたが、専門大会などはこれからもありますので、切り替えて頑張っていきたいと思います!!

ご声援ありがとうございました!

合わせて読みたい
2020年7月
« 6月   8月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
月間アーカイブ
タグ
  • 大学教育学専攻