ACUPUNCTURE and MOXIBUSTION DEPARTMENT
十三キャンパス

鍼灸学科

卒業生インタビュー

村中 僚太 さん

1985年、兵庫県生まれ。本校鍼灸学科を卒業後、整形外科へ就職。その後、国立大学法人筑波技術大学臨床研修過程修了。治療院の管理職やホスピスの事務長を務め、2013年より豪華客船の鍼灸師となる。過去5年間は世界最大の外国船社カーニバルクルーズや、ディズニークルーズなどに乗船している

  • 鍼灸学科2007年卒業
  • 船上鍼灸師
インタビューを読む

たどり着いたのは、
海の上の鍼灸師。

高校時代から、夢は鍼灸師でしたか?
「はい。人からありがとうと言われる仕事、自分目当てにお客さんが来る仕事がしたいと思っていました。寿司職人も候補でした」
履正社へ進学した理由は?
「父が、福島商業高校(現・履正社高校)出身なんです。勧められて決めました」
学生生活、振り返っていかがですか?
「社会人になってみると、勉強不足だったなと感じます。国家試験の受験勉強も、先生に心配されるぐらいのんびりしていました」
豪華客船で働くことになった経緯は?
「27歳の頃、一度自分の仕事についてゼロベースから考え直す時期がありました。全く異なる業界へ進むことも視野に入れつつ色々調べていた時、英国のスパ関連会社のサイトに目が留まったんです。旅をしながら働ける船上鍼灸師という仕事のスタイルがあることを知り、すごくワクワクしました。それから英語を猛勉強し、採用試験に挑みました」
今のお仕事内容を教えてください
「クルーズに乗船されるお客さんの腰痛や肩こりなどの痛み、しびれ、消化器系疾患、不眠、船酔いなどを鍼治療や漢方で和らげ快適な船旅を送っていただけるよう努めています。基本的に任期は7カ月ですが、お客さんは1~2週間で入れ替わります。一期一会を大切に仕事に臨んでいます」
船上での生活はいかがですか?
「クルーのメンバーは、多い時で60カ国から集まります。彼らとの交流や、寄港地での観光が面白いです。これまでに40カ国以上を訪れました。治療院の窓から、イルカの群れが泳ぐ姿や、水平線に沈む夕日を眺められるのは、船ならではの光景です」

求められるのは
セルフプロデュース力。

船上鍼灸師に求められることは?
「仕事は一見華やかですが、お客さんがゼロなら給与もゼロ。その半面、繁忙期には月百万円を超えることもある、完全な実力の世界です。ノルマもあります。お客さんは鍼を知らない方ばかりですし、目的は観光やディズニーキャラクターに会うことですから、工夫して集客しなければなりません。鍼治療の素晴らしさだけでなく、なぜ船の上での施術が必要なのか納得いただくために、自分を売り込むセルフプロデュース力と自信が強く求められます。でも、任期が終われば、次のクルーズまでは好きな時に好きな場所へ行けますし、自己投資の時間も作れます。今の僕には、この働き方が合いますね。再来月には、また海の上です」
閉じる
竹内 剛 さん

1990年、大阪府生まれ。上宮高校柔道部ではインターハイにも出場。2016年からサッカーJ3のブラウブリッツ秋田でチーフトレーナーを務めた。17年からは東京で治療院の院長をつとめるかたわら、週末はトレーナーとしてプロゴルファー等スポーツ選手に帯同している

  • 鍼灸学科 2015年卒業
  • 結び鍼灸マッサージ整体院 院長
    (鍼灸師・柔道整復師・日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー)
インタビューを読む

自分の夢を
託せる仕事。

鍼灸師を目指したきっかけは何ですか。
「高校まで柔道をやっていたんですが、2年生の時に練習試合で頸椎を脱臼してしまいました。半年くらいリハビリをしても麻痺が残って、『柔道はもうできない』となった時に、自分の夢を託して選手をサポートする、スポーツのトレーナーになりたいと思いました。鍼灸の資格はサッカーのトレーナーの大多数が持っている資格ということもあって、必要だなと感じていました」
履正社を選んだ理由は何ですか?
「鍼灸の資格にプラスして、自分の夢に近づけるアスレティックトレーナー(AT)の資格が一緒に取れることが大きかったです。他は一切受けなかったですね」
入学してみて、学校はどうでしたか?
「履正社は実習が強みです。ATの実習ではサッカーを選んだんですけど、他の学校では実習時間を稼ぐだけ、みたいな実習も多い中で、Jリーグの元監督さんがいる現場でトレーナーの勉強をするというのはすごく良い経験になったと思います。今でも覚えていますが、先生から『俺はプロとして来てもらってるつもりでやってるから、お前も実習だと思うな。プロのつもりで現場に立て』というようなことを言われました。厳しく言っていただけたから、頑張ろうと思えました」
学生時代に、アスリートに鍼を打つというのも貴重な経験ですね。
「そうですね。その場で鍼を打ってその場で動かして、その場で結果がすぐに見られるというのは大きいですね。履正社のサッカー現場での経験があったからこそ、Jリーグのチームにも携われることができたのだと思います」

東京オリンピックにも
トレーナーとして。

今はどのような人を担当していますか。
「プロゴルファー、力士、歌舞伎役者、芸能人、一般の方々…… 様々です。横綱に施術することもありますが、競技によって動きの特性が全然違うのが勉強になります」
近い将来の目標は何ですか?
「東京オリンピックには、トレーナーとして何らかの形で帯同したいと思っています」
最後に、履正社の後輩にメッセージを。
「履正社は環境が良いです。設備は整っていて、色んな先生もいて、頑張ろうと思えばどこまでも頑張れる。でも、やらなければ持ち腐れです。自分で意欲を持ち、色んなことにチャレンジして、世界を広げていって欲しいと思います」
閉じる

先輩VOICE

横山 太一郎大阪府立美原高等学校 出身
人間的にも一段と成長しています

私自身の治療体験から鍼灸というものに魅力を感じていたことと、先生方が専門学校の利点や私の疑問点などすべての質問に答えてくれたことが、受験をしようと考えた一番のきっかけです。高校までとは違い規則正しい生活習慣になり、授業や実習に対しての取り組み方が変わりました。資格取得という明確な目標があるので、人間的にも一段と成長していると思います。

大谷 有希大阪府立長野北高等学校 出身
勉強に対しての意識が変わった

今一番やりたいことを学べ、この方に教えてもらいたいと思った学校が本校でした。そして、自身が体験した鍼灸の即効性、予防医学に対して魅力を感じ、鍼灸学科を選びました。入学後は、勉強に対しての意識が変わりました。限られた時間での学びとなるので、意欲や関心が以前より増しています。今後は、技術、知識はもちろんですが、コミュニケーション力をより向上させ、鍼灸師として幅広く患者様の役に立ちたいです。

山内 優弥大阪府立東百舌鳥高等学校 出身
女性アスリートの美容にも鍼灸を活用したい

スポーツトレーナーになりたいと考えているので、選手のケガの予防などに役立つ鍼灸の分野を学びたいと思いました。専門的なことを学ぶにつれて、鍼灸は女性に強いものなのかなと思うようになりました。美容鍼灸などが徐々に知られているように、婦人科疾患にも強い鍼灸。女性をよりきれいに輝かせることができることに関心が湧いています。

豊村 海陽大阪市立桜宮高等学校 出身
自然と勉強にも力が入り未来が見えてきた

鍼灸治療に元々興味を持っていたことと、今まで続けてきた野球にも関わりたいという思いもあり、スポーツに強い本校を選びました。学ぶ環境や同じ目標を持った仲間もいるからか、想像していたより毎日が充実しています。自然と勉強にも力が入り、未来が見えてきたような感覚があります。鍼灸の資格とともに早く社会で活躍したいです。

卒業生VOICE

五條 麻以子
鍼灸学科 2009年卒業
大阪府立高津高等学校 出身
まるとく鍼灸整骨院 勤務
女性にこそ、鍼灸。
鍼灸の『美容』への可能性を追求して。

日本でトレーナーとして活動するには、はり師・きゅう師や柔道整復師、または理学療法士など、何かしら医療系国家資格を持っていた方が良いと思い、履正社の鍼灸学科に入学しました。そして鍼灸を学んでいくうちに、この鍼灸が女性にピッタリの治療法だと実感しました。
私は履正社の卒業生で、助産師と鍼灸の資格を持った方のもとで出産したのですが、鍼で陣痛をコントロールしてもらうことで、ビックリするくらい楽に出産することが出来ました。
まだまだ鍼灸のことを知らない人がたくさんいると思うので、鍼灸の可能性をもっともっと広めて行きたいと思っています。

橘 朋希兵庫県立宝塚東高等学校 出身
鍼灸治療院 natural style 勤務

私が履正社に入学したきっかけは、自分自身がスポーツのケガなどで鍼灸治療を受ける機会が多かったので、本校の鍼灸学科に入学することにしました。
卒業後は、修行という意味で3年間、鍼灸院で勉強させていただきました。その後、オーストラリアへ渡り、約1年間、外国人の患者様を治療することで、さらに勉強させてもらうことができ、人種の違いなど骨格によって処置が全く違うことを実感できました。できれば、今後もいろいろな国でさまざまな人を治療し、海外で開業してみたいです。

取得資格
はり師
きゅう師
真栄田 和樹兵庫県立宝塚東高等学校 出身
balance Body 勤務

履正社を受験しようと思ったのは、スポーツ系と医療系の資格を同時に取得できたからです。トレーナーと鍼灸の融合はとてもためになりました。
仕事をしていく上で、直接お客様の反応が診れるのと、実際に身体が変化していくのを一緒に共有できるところがおもしろみです。
今後はニーズにあった店舗を展開していき、トレーナーの社会的地位の向上に努めていきたいです。
オールマイティな治療家、トレーナーをめざしているなら、本校の環境はすばらしいと思うので、ぜひ受験してみてください。

取得資格
はり師
きゅう師
日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー(AT)
古田 優希大阪市立汎愛高等学校 出身
桜鍼灸整骨院 勤務

素晴らしい技術力のある先生方がたくさんいらっしゃる履正社で学びたいと思ったので、入学を決めました。特に東洋医学の幅広い治療法は現在の職場で活かされています。
患者様からありがとうや、先生に診てほしいなどの声を聞いたりすると、素直にうれしくやりがいを感じます。今後は、訪問鍼灸やマンションの一室で鍼灸治療をおこなえるように、知識と技術を身につけて幅広く活躍できるようにがんばっていきたいです。

取得資格
はり師
きゅう師
橋本 舞鳥取県立境高等学校 出身
すぎもと整形外科 勤務

履正社に入学したいと考えたのは、鍼や灸の勉強をしながら、選択科目などで他の分野の勉強もできることに魅力を感じたからでした。
特に履正社は身体機能を学ぶ授業が充実しており、海外研修では実際に人の体に触れながら学ぶことができました。私が今の職場で困ることなく働けているのは、履正社での経験が活きているように感じます。また、患者様の真剣な眼差しを見ると、医療現場で仕事をする医療人としての責任感が増し、笑顔を見ると人のために働くやりがいと喜びを感じます。
今後も患者様の笑顔のためにがんばっていきたいです。

取得資格
はり師
きゅう師
井関 美佳神戸龍谷高等学校 出身
なる鍼灸治療院(尼崎) 勤務

スポーツトレーナーもできる医療人をめざしていた私は、履正社のバスケットボールコースと鍼灸学科に入学しました。はり師・きゅう師の資格はスポーツトレーナーには欠かせない資格です。鍼灸とバスケットボールの両立は正直大変でしたが、バスケットボールコースでは、全国大会の準優勝に貢献でき、鍼灸学科では、医療人としての「謙虚な姿」を教えていただきました。「謙虚」はスポーツにも通じるもの。「藤本鍼灸整骨院」で医療人として、トレーナーとして、常に謙虚に生きていきたいです。

岩田 純平兵庫県立豊岡総合高等学校 出身
福井鍼灸整骨院 勤務

私は、大阪淀川区にある福井鍼灸整骨院に勤務しています。患者様はさまざまですが、いつも元気に明るく治療することをこころがけています。というのも、履正社ではハリや灸の技術や東洋医学、西洋医学の知識はもちろんしっかり教えていただきましたが、何より人としての礼儀や施術態度などが信頼される医療人として最も大切であること学びました。熱心な先生方のおかげでATの資格も同時に取得できたので、将来は、開業してスポーツ選手をサポートできる治療院をめざしたいと考えています。

吉岡 友謙阪府立松原高等学校 出身
PERFORMANCE MANAGEMENT SPAYT 代表

私が進学時に履正社を選んだのは、鍼灸が学べるだけでなく、履正社FCなどのサッカーチームがあり、鍼灸を通じてサッカーに関わることができるかも、と考えたからです。卒業後は念願が叶って、サッカー選手への治療でも有名な南谷クリニックに就職。本田圭佑選手のパーソナルトレーナーとしてオランダへも帯同しました。

山本 翔大阪府立松原高等学校 出身
社会福祉法人大潤会 複合型介護施設 大冠カーム 勤務

高齢の方を対象に鍼灸や手技を用いて、患者様の痛みの軽減やQOLの向上をめざしています。もともとはスポーツ鍼灸に興味がありましたが、高齢化について意識するようになり、高齢者への治療やコミュニケーションを専門とすることは自らの強みになると思い、現在の職場に決めました。患者様から「ありがとう」「身体の調子が良くなってきた」などと声をかけていただくと、この仕事を選んで良かったと思います。鍼灸学科で学ぼうと思っているなら、履正社で多くの体験を自分の強みにしていただきたいです。

  • NOW AND HERE 履正社卒業生の今。
  • 鍼灸学科のFacebookもチェック