ACUPUNCTURE and MOXIBUSTION DEPARTMENT
十三キャンパス

鍼灸学科
午前部 / 午後部

ブログ

2021.08.02
セルフケア⑤:食養生~薬膳について~

 

こんにちは!

 

 

中医学の基本的な考えとして、「食薬同源(=薬の源は食にある)」・「食医同源(=医の源は食にある)」があります。

 

最近では薬膳料理の専門店がオープンするなど、人々の食と健康の結びつきが強いと感じます!

 

そこで今回は食養生の基本、薬膳についてご紹介します(^^)/

 

薬膳とは中国の伝統医薬学「中医学」を土台とした料理のことです。

 

 

健康維持、体質改善、病気治療を目的に中医学に基づいて選んだ食材と中薬(生薬)を使って調理します。

 

まず、薬膳の食材と中薬、食薬の意味についてご説明します(*^-^*)

 

①食材

 

自然資源の中で長い間の実践と経験を通じて知り得た、食物としての価値が明確なものです。

つまり、口当たりがよく栄養があるものです。

 

↓ここから食物と食品に分類

 

・食物

収穫した食材を口にできるように簡単に処理する程度で、ほぼ自然のままで使うものです。

例:小麦、牛乳、リンゴなど

 

・食品

食材を加工し、さらに包装したものです。

例:醤油(食物の大豆→食品の醤油)

 

 

②中薬

 

植物・動物・鉱物・海産物などの自然資源のうち、薬効が認められ中医学理論に基づいて使用されるものです。

※日本では生薬と呼びます。

 

 

③食薬

 

食用と薬用の両方に使える食材や中薬のことです。

例:ネギ、生姜、唐辛子、大根など。

 

 

このように薬膳を知る上でこの3つの言葉がポイントになってきます。

 

ここからやっと身体への作用などを学んでいきます、、、

道のりは大変ですが自分や周りの人の身体を知るには、食は避けて通れないので少しずつ授業でも紹介していってます(´っ・ω・)っ

合わせて読みたい
  • NOW AND HERE 履正社卒業生の今。
  • 鍼灸学科のFacebookもチェック