ACUPUNCTURE and MOXIBUSTION DEPARTMENT
十三キャンパス

鍼灸学科

ブログ

2021.02.01
アスリートへのスポーツ医療と、激増する高齢者のリハビリ(機能訓練指導)で、やりがい実践と安定した収入の両立

こんにちは、副校長田中です。これまでにも何度かテーマにしましたが、職能教育で大切なことは、やりがいの実践と、職能教育で身に着けた、手に職を生かした安定した収入の確立。

 

鍼灸師は東洋医療のスペシャリスト。実に幅広く深い。

 

というのは、スポーツ医療だけでなく、ターミナルステージにある患者さんを治療、

例えば緩和ケア医療(がんの末期の患者さんなどへの疼痛緩和医療)もそうだ。

 

とはいえ、履正社鍼灸では、トレーナーの希望者が誠に多い。

それはそれで結構なのだが、安定した収入となれば、いささか不安もある。

 

 

2年ほど前の法規則改正で、鍼灸師は一定の経験を積めば、

介護保険施設でリハビリテーション(機能訓練指導)に携わることができるようになった。

激増する高齢者を対象に職域が大きく広がったわけだ。

 

 

さあ、やりがいの充実と安定した職業の確立。

 

東洋医療のスペシャリストが西洋医療としての高齢者リハビリテーションにも

参入してくることは、新たな市場の開拓、大きな期待に値するといってもいいだろう。

 

すでにこの業界で活躍をしている、柔道整復師や理学療法士の先生方、

それぞれ固有の領域でもっと活躍しないといけません。

 

鍼灸師を目指すみなさん、進路選択を選ぶ参考にしてください。

合わせて読みたい
2021年2月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28  
月間アーカイブ
  • NOW AND HERE 履正社卒業生の今。
  • 鍼灸学科のFacebookもチェック