ACUPUNCTURE and MOXIBUSTION DEPARTMENT
十三キャンパス

鍼灸学科

ブログ

2019.11.23
鍼灸の国際学会に参加してきました

教員 桑原です。

先日、トルコ・アンタルヤで行われた世界鍼灸学会連合会(WFAS)世界大会に発表参加してきました。

 

この世界大会は、毎年世界各地を回って開催されています。2016年には日本で行われました。

その名の通り、世界中の鍼灸師が集まり、発表や講演が行われます。

また、日本では、見たことも聞いたこともない研究発表や、鍼灸にちなんだ治療器具などがお目見えしたりして、とても興味深いです。

今回個人的に興味深かったのは、各国の鍼灸の教育の違い、です。国によって、制度や資格で扱える範囲が異なりますので、おのずと修学年数も異なります。鍼灸と漢方を一緒に学習する国が多い中、日本の鍼灸師は漢方薬を扱うことはできませんが、その分、鍼灸に特化でき、その専門性は他国よりも高い印象があります。

 

日本人の参加は、およそ15名程度。発表・講演の数はポスター発表が5題と、口演が2題、でした。

ポスターも口演も、当然英語で行われますので、日本での学会よりも準備が大変です。

発表を見る、聞くのも、慣れない英語で大変です。

 

履正社では、来年度から「スポーツ外国語学科」がスタートしますが、スポーツに関する仕事でなくても、英語はもちろん大事。英語がもう少しまともなら、もっと多くを把握でき、得るものも多かっただろうなぁと思いました。

 

 

合わせて読みたい
2019年11月
« 10月   12月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
月間アーカイブ
  • NOW AND HERE 履正社卒業生の今。
  • 鍼灸学科のFacebookもチェック