Wを学ぶ

MEDICINE + ATHLETIC TRAINER 医療+AT

アスレティックトレーナー資格をプラスして医療人としての専門領域を広げる!

履正社だから叶う夢がある。めざすは、スポーツ医療のスペシャリスト!

  • 医療人としての可能性を広げる

    アスレティックトレーナー(AT)資格をプラスして医療人としての可能性を広げる。

    資格を組み合わせることで活躍できるフィールドが広がります。

    医療系国家資格と日本体育協会公認ATの資格を同時に取得することが可能です。AT資格は日本体育協会公認の資格で、スポーツ競技者の健康管理や傷害予防、救急処置、リハビリテーション、トレーニングやコンディショニングなどにあたる資格です。
    医療系国家資格に、AT資格が加わることにより、医療人としての専門領域を大きく広げることができます。

  • 医療専門課程で同時に学ぶ

    効率的に時間を使う。

    医療系国家資格の取得をめざしながら同時にAT資格の取得をめざす履正社独自のシステム

    主に医療専門課程の1〜2年次で、ATの資格取得に必要な講座を同時に行います。この間、医療人をめざして学ぶ生理学や解剖学などは、ATと共通している部分が多く、同時に学ぶメリットはたいへん大きなものになります。また、この履正社独自のシステムで同時に学ぶことは、限られた学びの時間を効率よく使うことができ、他の資格取得もめざしている学生にとっては、時間的にも大きなアドバンテージとなります。

  • ATの授業料が免除

    なんといっても授業料免除が魅力。

    医療人としてスポーツに携わる際にもトレーナーとしての知識は身につけておきたいものです。

    医療系国家資格を取得した後に、AT資格の必要にせまられて学び直すことも少なくないようです。そうなれば、当然これにかかる授業料などが発生します。経済的負担は大きなものになり、場合によっては断念したり、費用面の準備に時間がかかったりもします。しかし本システム利用者は、資格取得に必要な科目の授業料は免除され、教材費と実習費などの実費のみでATの資格取得をめざすことができる大きな経済的メリットがあります。

医療系国家資格

  • 資料請求はこちら
  • line riseisha
  • オリジナルスマホアプリ
  • オープンキャンパス