柔道整復学科 昼間部(午前・午後)

履正社だから学べる独自の授業が魅力

柔道整復とは、ねんざや骨折などのケガに対し、日本古来の伝承医学として、さまざまな診察と処置(整復)を行い、早期の回復や社会復帰のために人体の自然治癒力を増進向上させる治療です。
履正社では日常生活で負傷した外傷の処置、リハビリだけでなく、スポーツでのケガやスポーツリハビリを専門とするアスレティックトレーナー(AT)も養成しています。
さらに、高齢化社会を見据え、介護保険法や福祉法規などの関係法令も履修し、接骨院やデイサービス施設、ケアプランセンターの開業など、介護・福祉分野にも対応できる医療人を育成しています。

  1. 施術イメージ
    01

    海外研修や学会参加など
    実践力を高める豊富な体験学習。

    柔道整復師は臨床の場が仕事のフィールドなので、実技や体験学習を数多く体験して、実践的なセンスを培うことがとても重要です。学会に参加してその雰囲気をリアルに感じ取り、最新の情報を得たり、手術の様子や整形外科の診療などの見学では、医療の現場の厳しさと仕事のやりがいを体感。さらにはカリフォルニア州立大学ロングビーチ校での海外研修など、柔道整復学科では「聞いて、見て、触って、体験する」をテーマに教育を展開しています。

  2. 施術イメージ
    02

    柔道整復学科は
    先生と学生の距離が近い。

    先生と学生の距離が近く親しみやすく充実した内容で、
    最先端の情報をキャッチできます。

  3. 施術イメージ
    03

    学生一人ひとりを徹底指導できる
    3年間同一担任制。

    柔道整復学科では、3年間同じ教員が担任として学生を指導します。学年が持ち上がっても、各学生の習熟度や得意・不得意分野、個性などをしっかり把握しているので、きめ細かに指導することが可能です。この制度のため、成績不良による留年者や卒業延期者はほとんどいません。同一担任のリーダーシップの下で学生同士の団結力も固いです。

  4. 施術イメージ
    04

    学校・在学生・卒業生の絆を深め
    分かりあえる関係を築きます。

    柔道整復学科は、数多くのイベント、年4回の学科報や月1回のメールマガジンで情報の共有とコミュニケーションを図っているため、先生と在校生、卒業生においてその関係がとても密接です。さらに学会や研修会などでは卒業生と在校生相互のコミュニケーションが図られています。実習先として卒業生が勤務する治療院や病院を訪れることもあり、そこから就職へと繋がるケースもあります。

プラスの資格で「柔道整復師として活躍の幅を広げる」

  • アスレティックトレーナー(AT)

    日本体育協会公認のATは、スポーツ業界で高い信頼度を誇る資格。10名以上の現役アスレティックトレーナーが指導。スポーツ学科や履正社高校などでの実習実践力を養い、資格取得をバックアップ。

  • 機能訓練指導員

    主に介護施設やリハビリテーション施設などで、高齢者が健康で自立した生活を送るための「機能訓練」を指導します。高齢化社会にあって、今後需要が高まります。

  • 赤十字救急法救急員

    日本赤十字社が認定する資格で、事故や急病、災害時などの救命手当、応急手当などについての資格です。

  • アロマテラピー

    民間のいくつかの資格があり、国内ではAEAJが認定するアロマテラピーアドバイザー、アロマテラピーインストラクター、アロマテラピストのほか、JAAの認定するアロマコーディネーターの資格が有名です。

  • 日本コアコンディショニング協会
    ベーシックインストラクター

    姿勢改善を目的としたコアコンディショニングの基本エクササイズ「ベーシックセブン」を正しく理解し、クライアントの基本姿勢を指導して整えることができる資格がベーシックインストラクターです。

  • 日本ストレッチング協会
    ストレッチトレーナー(パートナー)

    2人組で行うベーシックなパートナーストレッチングを、安全で効果的に行う方法を身につけた人の資格。ストレッチングの際に起きやすい傷害や外傷などのリスクを防ぎ、各部位で起きやすい「逃げ」などの代償運動の知識が求められます。

3つの資格が最大の武器。

柔道整復学科 2008年卒業
(本校・鍼灸学科から内部進学)
大阪府立清水谷高等学校 出身

足立 清 医療法人貴島会
ダイナミックスポーツ医学研究所 勤務
パナソニック パンサーズ トレーナー

足立 清

海外研修での本場の実体験がとても役立っています。

私が履正社を選んだ理由は、トレーナーをめざすうえで、最高の環境があったからです。医療資格と、アスレティックトレーナー(AT)の資格が取れることが魅力でした。柔道整復学科の海外研修では、解剖実習や本場のトレーナーの勉強をすることができ、とても刺激的な時間を過ごすことができました。今後の目標は、トレーナーとしてチームや選手に貢献できるように頑張っていくことと、よりレベルの高いところで自分を磨くことです。

PICK UP VOICE
  • 本場の技術を体感する海外研修プログラム
  • 医療の現場を体験し視野を広げる4つの実習
  • 医療 + アスレティックトレーナー
  • 介護予防スペシャリスト 詳細はこちら

先生紹介

  • 先生イメージ
  • 先生イメージ
  • 先生イメージ
  • 先生イメージ
  • 先生イメージ
  • 先生イメージ
  • 先生イメージ
  • 先生イメージ
  • 先生イメージ
  • 先生イメージ
  • 左矢印
  • 右矢印
  • 先生イメージ

    田中 雅博 先生 医療専門課程 副校長兼学科長

    • 柔道整復師
    • 介護支援専門員
    • 経営学修士(MBA)
    • 日本柔道整復接骨医学会会員
    • (公財)柔道整復研修試験財団卒業認定実技審査員

    これからの社会が求める人材は豊かな人間力と幅広い知識と経験を持つ人。臨床研修はその一つ。ゆっくりと一歩一歩。

  • 先生イメージ

    辻井 宏昭 先生 副学科長

    • 柔道整復師
    • はり師、きゅう師
    • あんまマッサージ指圧師
    • 介護支援専門員
    • 日本柔道整復接骨医学会会員
    • (公財)柔道整復研修試験財団卒業認定実技審査員

    新しい分野への第一歩。決して楽な道ではないですが私たちが責任を持ってサポートします。楽しい学校生活を送りましょう!

  • 先生イメージ

    中谷 功 先生

    • 柔道整復師
    • はり師、きゅう師
    • あんまマッサージ指圧師
    • 介護支援専門員
    • なかたに鍼灸整骨院院長

    勉強は、一生懸命、でも楽しく。
    応援しながら、私も一緒に頑張ります。

  • 先生イメージ

    竹内 希美子 先生

    • 柔道整復師
    • AEAJ認定アロマテラピーインストラクター
    • 日本柔道整復接骨医学会会員
    • 健康柔体操指導者

    柔道整復学は、中学や高校時代とは違ってとても専門的。患者様にとって良い柔道整復師になれるよう一緒に頑張りましょう!

  • 先生イメージ

    青木 孝至 先生 AT資格保有者

    • 柔道整復師
    • はり師、きゅう師
    • あんまマッサージ指圧師
    • 健康運動指導士
    • 日本体育協会公認アスレティックトレーナー(AT)
    • 日本ボート協会医科学委員会スタッフ
    • 日本オリンピック委員会強化スタッフ
    • 京都大学ボート部トレーナー
    • 日本柔道整復接骨医学会会員

    学ぶことの楽しさを皆さんにお伝えできたらと思います。一緒に頑張りましょう。

  • 先生イメージ

    福田 学 先生

    • 柔道整復師
    • はり師、きゅう師
    • あんまマッサージ指圧師
    • 福田整骨院院長
    • 日本柔道整復接骨医学会会員
    • (公財)柔道整復研修試験財団卒業認定実技審査員

    自分の夢に向かって積極的に活動する人を我々は全力でサポートします。我々と共に夢をめざして頑張りましょう。

  • 先生イメージ

    西 正人 先生

    • 柔道整復師
    • にし整骨院 院長

    充実した学生生活を通して、誰からも信頼される柔道整復師をめざして頑張りましょう。

  • 先生イメージ

    桃井 俊明 先生

    • 柔道整復師
    • 介護職員初任者研修課程修了
    • 日本柔道整復接骨医学会会員

    ケガで自分の競技生命が途絶えました。同じような想いの人を作りたくない、そんな想いから柔道整復師になりました。同じ想いの方、共に学びませんか。

  • 先生イメージ

    三村 高広 先生 AT資格保有者

    • 柔道整復師
    • 日本体育協会公認アスレティックトレーナー(AT)

    医療とスポーツ現場を同時に学び習得するのは簡単なことではないですが、夢の実現に向けてしっかりサポートしていきます!

  • 先生イメージ

    中西 正 先生

    • 柔道整復師
    • はり師、きゅう師
    • あんまマッサージ指圧師

    基礎医学などの科目を担当しています。日頃の研究・実践を反映させてわかりやすく伝えていきたいと思います。

ご質問 & ブログ情報

  • 資料請求はこちら
  • line riseisha
  • オリジナルスマホアプリ
  • オープンキャンパス