柔道整復学科

ブログ

2018.04.13
『新年度の誓い “それはできないです” を “きっとできる”課題は何だ』への意識改革

こんにちは、学科長田中です。

柔道整復学科17期生が入学しました。

 

これから医療介護産業が大改革大革命が起こる時代、飲み込まれないように自分の基軸をしっかり作り上げ、自己実現に向けて全力で応援支援していきます。

 

さて、人間は新規の、何らかの命題を押し付けられると、まず『それはできないです』から始まる動物だと思います。

 

正直私も、現状維持、平穏安泰が心地良いので、これを実行しなさい、と命令的に追い込まれるのは嫌ですし、不快感はあります。

 

確かにこれは能力の限界を超えている、達成できないと判断すれば前もって”これはできません”というかも知れませんが、何事も達成の結果ではなく、成長の糧は、達成を目指すプロセスなのです。

すなわち、結果だけではなくどれだけ達成に近づいたかの努力と忍耐。

 

 

 

 

 

もちろん勝負事は結果が求められますが、勝負は1度きりではありません。

未来永劫に1位者を継続するのは体力的にも能力的にも不可能ですし、いつかは2位者または3位者に狙われいつか落とされます。

 

ならば、意識改革をした方が自己成長につながりませんか。

 

他者から与えらえた命題を、自らの態度言動も常に意識し『きっとできる課題は何だ』で新年度を乗り越えます。

 

気づく事はありませんか。

合わせて読みたい
2018年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
月間アーカイブ
  • NOW AND HERE 履正社卒業生の今。
  • 柔道整復学科のFacebookもチェック
  • 柔道整復学科専用Twitter

柔道整復学科