柔道整復学科

ブログ

2017.10.11
近畿学術大会 和歌山大会 発表 その1

平成29年10月1日(日)

和歌山県 県民文化会館にて、

第42回公益社団法人日本柔道整復師会近畿学術大会和歌山大会に参加、発表してきました。

 

発表者は4名(発表した数では本校が1番多かった。)

 

 

鈴木 航平君

投球動作における前鋸筋と球速との関係性

 

羽山 哲矢君

タオルギャザーによる内側縦アーチの変化

 

 

山崎 慎悟君

中殿筋における高負荷群と低負荷群での重心動揺変化

 

田中 真穂さん

女子バスケットボール選手によるジャンプ力の考察

 

 

発表者は8時50分には集合し、準備に取り掛かりました。

 

発表者は、この段階でもうすでにドキドキ

顔もこわばります。

 

 

ポスターを掲示したらすぐ練習です。

 

教員も若干緊張気味です。

 

 

 

お昼の休憩中も廊下で練習。

 

 

そして、いざ発表へ・・・つづく

 

  • NOW AND HERE 履正社卒業生の今。
  • 柔道整復学科のFacebookもチェック

柔道整復学科